Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

シンガポールでの週末@Spa in Batam 

2018/06/24
Sun. 20:47

【シンガポールでの週末@Spa in Batam】


今日はシンガポールからフェリーに乗って、お隣の国インドネシアのバタム島へ。
バタム島は、ビンタンと比べるとリゾート化されていないと言われていて、その分、スパの値段もリーズナブルらしい。

バタムへのフェリーは、セントーサ島への入り口として知られるHarborfrontからたくさん出ている。
フェリー会社は数社あり、どこがどう違うのかよくわからないまま、スパの時間にちょうどよさそうな時間に便のあったMajestic Fast Ferryを利用することに。
ネット予約ができて、帰りの便は時間を指定しないopen ticketにしたのだけれど、帰りの時間が読めるならば往復とも予約しておくか、時間が読めないのであれば、片道だけ買って帰りは別のフェリー会社も利用できるようにしておくほうが良さそう。というのも、日曜の夕方というせいもあるのか、Majestic Fast Ferryの夕方の便はかなり込みあっていて、遅い時間の便しか空いておらず、バタムのフェリーターミナル(とその隣のショッピングモール)でかなりの時間を潰すことになってしまったから。

MRTのHarborfront駅で下車、「Ferry」の表示に従って歩くと、ショッピングモール内にあるフェリーターミナルにたどり着ける。
フェリー会社のカウンターが並んでいるのは、搭乗ゲートのあるフロアより1つ上の階。でも、予約時に送られてくる搭乗券をプリントアウトしておけば、カウンターに行く必要はない。
batam1.jpg batam2.jpg

いちおうシンガポール国外に出るので、出国審査と手荷物検査がある。
シンガポールに入国した際の出入国カードはこちらでいったん回収され、バタムから戻るときに新しい出入国カードを書いてくれ、と言われた。
こちらが乗船したフェリー(↓左)。そこそこキレイだったけれど、船が小さいのでけっこう揺れた。写真に写っているゴンドラ?ロープウェイ?のようなものは、セントーサ島へ行くケーブルカー。景色は良いらしけれど、かなり料金が高いので、今回の滞在中には乗る機会はないかなー。。。

お天気がいまいちだけど、マリーナ・ベイ・サンズと豪華客船が遠くに見えた(↓)。
batam3.jpg batam4.jpg

目的地Batam Center Ferry Terminalには、およそ60分で到着(シンガポールとの定期航路がある港は、他にもいくつかある)。
インドネシアには出入国カードもなく、日本人であればビザも不要になったので、入国審査はとてもスムーズ。
フェリーターミナルには少し免税店があり、道を隔てて隣のショッピングモールにも陸橋でつながっていた。
batam5.jpg batam6.jpg

そうそう、シンガポールとバタムとの間には1時間の時差があり、シンガポールのほうが1時間進んでいる(ので、シンガポールを出たシンガポール時刻と、バタムに到着するバタム時刻はほぼ同じ)。

フェリーターミナルからは、スパの送迎サービスを利用。名前を書いた紙を持って、ちゃんと待っていてくれた。
今回ワタクシが利用したのは、Batam CenterにあるKalea Spaというところ。口コミサイトでマッサージのスキルが高いと書かれていたのが決め手になった。緑に囲まれた素敵なロケーション、、、というには程遠く、土埃のたつ道路に面していて外観の雰囲気はいまひとつだったけれども、一歩中に入ればそこそこいい感じ。
batam7.jpg batam8.jpg

こちらも事前にネットで予約していたので、最初に支払。クレジットカードでの支払もOK。2.5~3時間のコース(送迎込)で、72万ルピー(約5,600円)也。チップは不要(だと思う、ワタクシは払わなかったし、施術してくれた人も終わったらすぐに退出、払う暇もなかったし)。
コースは、①足湯(短時間)、②アロマ・ボディ・マッサージ、③スチームバス、④ボディ・スクラブ&マスク、⑤泡たっぷりのジャグジーバス、⑥ratus treatmentという韓国のよもぎ蒸しのようなトリートメント(もちろん、よもぎではなかったが)、と盛りだくさん。アロマやスクラブは何種類かから選べ、ワタクシはオーソドックスなココナッツミルクを選択(アボカド、コーヒー、アロエなどもあり。料金はそれぞれ異なる)。
やっぱり、②ボディ・マッサージがとても気持ちが良かった。施術してくれる女性の手がふっくらあったかくて、それだけでも幸せな気分に♪
batam9.jpg batam10.jpg

大満足でトリートメントは終了。最後に温かいジンジャーティーを飲んでほっこり。

フェリーターミナルまで車で送ってもらったものの、上述のように帰りのフェリーの時間までたっぷり時間があった(できてしまった)ので、ショッピングモールをうろうろ。インドネシアルピーでの金銭感覚がなかったけれど、そんなに特別安い!という気はしなかった。
モール内で遅いランチ、ナシゴレン(↓左)を食べる。レストランにクレジットカードのマークがあったので安心していたのに、カードで支払ってよいのは10万ルピー以上との制限があり、両替していなかったワタクシは焦った、焦った
結局、隣のテーブルで食事をしていた人に協力してもらい、彼らの分もカードでワタクシが払い、現金を回収するということで事なきを得た。協力してくれたカップルに感謝!
現金ができたので、シンガポールだと高い缶ビールを調達。少しお高めのTigerだと3本しか買えなかったので、インドネシアのBintangを4本。ホテルの冷蔵庫にストックしておきますー。
batam11.jpg bintan.jpg

batam12.jpg
どっぷり日も暮れた時間のフェリーでシンガポールへ。厚い雲の切れ間からの夕焼け空が幻想的でした(→)。

そうそう、シンガポールへの入国の際、ワタクシが日本人だとわかると、「(2018年6月18日朝の)地震は大丈夫だったのか」と聞かれ、優しい人なのかと思いきや、「再来週に大阪・ナンバに遊びに行く予定なのだけれど、キャンセルしたほうがよいか迷っている」とのこと。難波周辺なら大丈夫だと思うと答えてしまったけど、余震?本震?もあるみたいだし、ちょっと心配。

フェリーの移動時間とチェックイン前後の時間がもったいない気もするけれど(とはいえ今回はお初だったので、フェリーや出入国も新鮮な体験としてある程度は楽しめた)、往復のフェリー代(S$49)を考えても、まずまずのコスパ。一人で暇な週末があれば、また行ってみてもいいかな。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

シンガポールでの週末@Haji Lane 

2018/06/23
Sat. 19:20

【シンガポールでの週末@Haji Lane】


シンガポール出張中、週末の時間を使って、インスタ映えするというHaji Laneに行ってみた。
Haji Laneは、地下鉄ブギスの駅から徒歩10分弱、シンガポール最大のモスクで観光スポットでもあるスルタン・モスク、そしてそのお膝元のArab Streetから1本入ったところにある、小さな通り。
個性的な雑貨、洋服屋さん、カフェなどが立ち並んでいる。
haji1.jpg haji2.jpg

こちらは床屋さん(↓)の店先。カフェのウォールペイントが賑やか。
haji3.jpg haji4.jpg

haji5.jpg haji6.jpg

haji7.jpg haji8.jpg

お店に立ち寄ったり、写真を撮ったりしなければ、数分で歩けてしまう短い通りだけれども、たくさん写真を撮って、かなりウロウロしまった
haji9.jpg

ラマダン明け(マレーではハリラヤ)からまだ1週間しか経っていないという時期のせいか、残念ながらスルタン・モスク(↓)内の見学は不可だったので、外から眺めるだけ。モスクの周辺には、トルコ料理店がいくつかあった(通りの名前はアラブだけど・・・)
haji10.jpg haji11.jpg

遅いランチには、ローカル色たっぷりのお店でエビたっぷりのヌードルを(↓)。小サイズで、8.8シンガポールドル也(720円くらい)。麺はフツーだったけど、エビの旨味がスープにしっかり出ていてなかなか美味しかった。
haji12.jpg haji13.jpg

しかし、シンガポールは暑い!
曇りがちでスコールも降るあいにくの空模様だけれども、湿度が高いからジトーっとしていて、ちょっと外を歩いただけでもかなり不快、汗がにじんでくる。かと思えば、建物の中はクーラーがんがんで寒いくらい。
体調崩さないように気を付けよう。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

初体験!悟空のきもち 

2018/05/26
Sat. 17:18

IMG_2148.jpg2年くらい前から予約待ち用LINEアカウントに登録していても予約が取れなかった、『悟空のきもち』
たまたま昨日(金曜日)の午後サイトにアクセスしたら、なんと今日(土曜日)の予約が取れた!!!ということで、行ってきました♪

ワタクシが訪れたのは原宿店。
原宿店は決して広く大きくはないけれど、建物全体が『悟空のきもち』の施設になっている。1階が受付(↓左)で、なにやら不思議な空間。脳が刺激を受けている様子を表しているのだろうか。
IMG_2149.jpg受付で、施術に関して、
デコルテ、肩甲骨回り、首、顔、頭にリズムよく圧をかけていきます。
圧の強さは調節するので強すぎるなどあれば言ってください。
しわなどが気になるようなら着替えも用意ありますがどうしますか。
などの説明があった。
周囲を見てみると、意外にも(曜日や時間帯にもよるのだろうが)、男性客のほうが多かった。

先に支払いをして(クレジットカードOK)、エレベーターで施術スペースへ移動。エレベーターの中で、眠っている人も多いので施術スペースでは静かに、との注意を受ける。 

IMG_2150.jpgワタクシが案内されたのは3階。近未来的な?個別のブースが並んでいていた(←)。

リクライニングチェアに座り、いざスタート。
顔~頭部にタオルがかけられ、最初に少しだけ頭部を揉まれる。力の強さを確認される(が、担当者でこれでどの程度の硬さ・凝りなのかをチェックしているのではないかと推察)。
デコルテ、肩甲骨、首、頭、、、ちょうどよい感じでもんでもらって、痛気持ちいい~

・・・最初は覚えているけれど、案の定、途中から意識がなくなり、気が付くと「お時間です」との声。。。
目が覚めた後、頭皮を冷やすスプレーをかけられて、あっという間の60分が終了。
リクライニングから起きると、頭が軽い!そして目の疲れがとれた気がする。

たくさんほぐしたので、頭皮の血行が良くなっています、たくさんお水飲んでくださいね、とのこと。
1階のパウダースペースに給水機があったので、そこで水を飲みつつ、髪型を整え、アンケートに回答。
次回の予約もちゃっかりしてきてしまいました。リピーターは比較的簡単に予約が取れるとは聞いていたけれど、それでも混みあってはいるようで、土日だと2か月後くらいから。

施術中は間違いなくリラックスできるので、自分へのご褒美としては良さそうです♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

くまのパディントン展@Bunkamuraザ・ミュージアム 

2018/05/26
Sat. 15:48

paddingtonbear.jpgBunkamura@ザ・ミュージアムで開催中の、『くまのパディントン展』に行ってきた。 
土曜日の朝イチ(午前10時~)、親子連れも含めてなかなか盛況。

展示は、5つのパートに分かれていた。

第1章 パディントンの物語
ロンドンにあるパディントン駅の大きなパネル、その駅にあるパディントンの銅像の複製、そしてパディントンの本の挿絵(複製)がたくさん。最初に出版された本の挿絵は白黒で(もともと児童書として書かれたものでもない)、ペギー・フォートナムの作品。

第2章 パディントン誕生秘話
パディントンの作者、マイケル・ボンド氏と作品のファンとの手紙や、ボンド氏が使っていた辞書、タイプライターなど。
駅でブラウン夫妻に拾われたパディントンのモデルは、クリスマスの日に妻にプレゼントとして買って帰った(売れ残りの)熊のぬいぐるみと、第2次世界大戦中、大きな荷物をもって名前や住所が書かれたプレートを首から下げていた、都会(ロンドン)から疎開してきた子どもたちなのだという。ブラウン夫妻のモデルともなった作者ボイド氏自身の両親は、ユダヤ人の子ども2人を引き取って育てたのだとか。

第3章 世界のパディントン
各国に翻訳されたパディントンの絵本と、フレッド・バンベリー、デイビッド・マッキー、R.W.アリーらイラストレーターたちのパディントンの絵が見どころ。
音声ガイドには、日本語の翻訳を手掛けた松岡享子さんのパディントン作品の朗読なども含まれていた。
パディントンの大ファンで、松岡さんに「早く続きを訳してください」と手紙を書いた少年(田中琢治氏)が、その後、松岡さんとともにパディントン作品共訳者となったというエピソードには、ほっこり。

第4章 パディントン大活躍
こちらには4コマ漫画がずらり。20点以上あったと思うけど、全部見てしまいました。

第5章 おわりに

パディントン、小説としてはおそらく1冊も読んだことないけど、パディントンが張り切って大失敗、でも最終的には結果オーライでみんなハッピー!というのがパターンらしい。元気が出そうだし、図書館で借りて読んでみよう♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

アサヒグループホールディングスの株主優待 

2018/05/12
Sat. 10:51

asahi2018.jpg年に1度のお楽しみ(?)、アサヒグループホールディングスから株主優待がやってきた。
今回の株主限定プレミアムビールは、深煎り麦芽より強く焙煎した「極・深煎り麦芽」を一部使用した麦芽100%の黒ビール。アルコール分は6%。
早速いただいたみたところ、思ったよりもずっとスッキリ(もっとねっとり、クリーミーな感じのものを想像していた)。これなら、暑かったり湿気が多かったりするこれからの時期にも良さそう。

アサヒの株は、もうかれこれ10年以上継続保有していて、毎回この株主限定ビールをもらっている(2015年あたりから、「株主様限定特製ビール」から「株主様限定プレミアムビール」と呼び方が変わっていた)。1度くらいは違う優待品ももらってみようかしら?と思うのだけれど、この限定ビールも毎年変わるし、、、とついついいつもこちらを選択してしまっている。エール系のビールは当たりはずれがある(好みのものとそうでないものがある)ので、優待品を選択するときに、今年の限定ビールは何系とか、わかったらいいんだけど、、、とか思ってしまうのはワガママでしょうか。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-07