Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

マルタ&シチリア旅行:8日目 

2017/05/05
Fri. 19:07

【マルタ&シチリア旅行:8日目】
(ノート → ポッツァーロ → マルタ → イスタンブール)


朝8:30発のフェリーに乗って、ポッツアーロ港からフェリーで再びマルタへ。
到着間際、船内から見たヴァレッタの眺め(↓右)。
malta118-2.jpg malta119.jpg

今日の夕方には帰国の途につくため、フェリー乗り場でタクシーで空港へ。マルタのタクシーは目的地を告げ運賃を事前に決めるシステム。空港まで15分くらいのはずなのに、30ユーロとかなり高額をふっかけられたので、値切り交渉を試みるも、会社が決めている運賃なので下げられないと。
足も痛いし、近くまでタクシーでその後バスというのも面倒だったので、ここは負けてそのままタクシーを利用。

空港で荷物を預かってもらい(Informationで有料で預かってくれる)、空港からバスに乗って、青の洞門(ブルー・グロット)へ。
一つ手前の「Panolama」というバス停で降りると、全体像を見ることができる(↓)。もう少し早い時間帯、午前10時くらいだと、太陽の光が洞門の内部にまで差し込んで、より美しいらしい。
malta120.jpg

Panolamaの見晴らし台から下り坂をおりて10分くらい歩くと、ボート乗り場に到着。
しかーし、この日は波が高かったのか、洞門の中に入るボートはまったく出ていなかった(涙)、残念無念
ボートの乗り場の周辺をプラプラ歩いて、海の青さをしばし堪能。
malta121.jpg malta122.jpg

再びバスに乗り、マルタ島の南にある世界遺産、ハジャー・イム神殿とイムナイドラ神殿へ。
両神殿の入場券は共通。入口付近にちょっとした資料館があり、模型などがあって、この神殿について丁寧な解説がなされていた。今回はブルー・グロットでボートに乗れなかった分、時間の余裕があったため、音声ガイド(英語)を借りてみた。

こちら(↓)は、資料館にあったハジャー・イム神殿の模型。
紀元前2800~2400年ごろに造られたとされていて、こちらも女性の体を模ったといわれるひょうたん型の建造物となっている。
malta123.jpg malta124.jpg

今は落ちてしまっているものの、当時はドーム状の天井があったとされている。ドーム状の天井の石積みの名残がこちら(↓左)。少しずつ石の大きさが小さくなって、少しずつ重ねながら積んでいったとのこと。
malta125.jpg malta126.jpg

巨石神殿の名にふさわしく、一つ一つの石がとても大きい。マルタの数ある巨石神殿の中でも、こちら(↓右)にある石が最大のもので、幅7m、厚み70㎝、重さはおよそ20tもあるのだという。
malta127.jpg malta128.jpg
malta129.jpgハジャー・イム神殿とイムナイドラ神殿との間の、一本道。
海に向かってまっすぐ延びる道は、海風も吹き歩いていてとても気持ちが良かった(日焼け対策に日傘はあったほうがよい)。
ちょっと残念なのは、保護のために神殿が屋根で覆われていること。屋根がなければ、海をバックに神殿がより映えただろうに・・・でも、保護のためなので仕方がない。


こちら(↓左)は、イムナイドラ神殿の模型。
紀元前3000~2400年前に造られたとされ、3つの神殿が並んで見つかっている。
malta130.jpg malta131.jpg

(模型でいうと)左側の神殿の入り口(↓左)。中央の神殿は、一段高いところに設けられている(↓右)。
malta133.jpg malta134.jpg

malta135.jpgこちら(←)は、右側の神殿の入り口。
このイムナイドラ神殿の3つの神殿は、春分・秋分、夏至、冬至の日に太陽光が神殿内部に差し込むように設計されているのだとか。

のーんびり巨石神殿を見た後、再びバスに乗り、空港へ。
混雑する道路ではなかったせいか、空港~青の洞門~ハジャー・イム神殿の入り口を通るバスは、驚くほど時間に正確、ほぼほぼ時刻表どおりに運行されていた。
malta136.jpg以上でマルタの観光もすべて終了。
空港で時間があったので、ラウンジで飲み損ねていたマルタのビール、CISKをいただく乾燥している地中海のビールらしく(?)、かなりあっさり・さっぱりした味だった。


ビーチリゾートであれば6~8月くらいがベストシーズンなのだろうけれど、遺跡巡りや街歩きをするのなら、ゴールデンウィークのこの時期はちょうどよかったように思う。



スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/904-fc76311c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07