Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

マルタ&シチリア旅行:7日目(その2)ノート 

2017/05/04
Thu. 19:06

【マルタ&シチリア旅行:7日目(その2)ノート】
(タオルミーナ → カターニア → ノート


さて、タオルミーナからカターニアでバスを乗り継ぎ、ノートに到着。
この町も、ヴァル・ディ・ノート後期バロック様式の町として世界遺産に登録されている。

町の入り口は、こちらのレアーレ門(↓左)。
バスターミナルからは徒歩2、3分と近いが、バスターミナル(といっても公園の片隅にバスが停まっているという感じで非常に小さい)から旧市街まで、なんの案内板も出ていないので、方向を間違わないように誰かに聞くのが確実。名物のコッポラ帽をかぶった典型的なシチリアの暇なおじさん/おじいさんが親切に教えてくれるはず。

noto1.jpg noto2.jpg

noto3.jpg写真ではわからないけれど、ノートの町には、課外学習/遠足で来ているのだろうか、小中学生らしき子供たちがいっぱいいた。
レアーレ門から近いところにあるのは、サン・フランチェスコ教会・修道院と、サン・サルヴァトーレ修道院(↑右)。
ノートは町の規模はそう大きくないものの、とにかく教会がたくさんあった。
こちら(←)は、ドゥチェツィオ宮殿。現在はノートの市庁舎として使われている。
市庁舎内のミラーホールが一般公開されていたので入ってみた(↓左)。このホールと、ノートの博物館、そして劇場の3か所の入場がセットで4ユーロだった。

市庁舎の向いにあるのがドゥオーモ(↓右)。ノートの町の守護聖人は聖ニコロ。
1996年秋の長雨でクーポラと中央身廊から右翼廊の天井が崩れ落ちてしまい、最近修復が終わったようだった(そのせいか入場は無料だが寄付を求められた)。
noto5.jpg noto4.jpg

noto6.jpgここノートには、シチリアで有名なお菓子屋さん/カフェ併設、『Cafe Sicilia』がある。
シチリアのお菓子で有名なものといえば、

リコッタチーズがたっぷり入ったロール状のお菓子カンノーロ
アラブ人支配時代に作られたというイタリア風のかき氷、グラニータ
こちらも(大の甘党の)アラブ人によってもたらされたという、リコッタチーズをマジパン(?)砂糖?で包んで砂糖漬けの果物をトッピングしたケーキ、カッサータ

などがある。

そこでお昼ごはんを軽くしておき、こちらのカフェでカッサータとオレンジのグラニータを食べてみた(→)。
オレンジが赤いのは、シチリアのオレンジはブラッド・オレンジが大半だから。エトナ山の火山灰の成分によって、オレンジが赤くなったともいわれている。

グラニータはシャリシャリのかき氷。かかっているシロップの果汁感がたっぷりで美味。
カッサータは周囲の砂糖部分がかなり甘かったけれど、イスラム圏の甘いものに比べたらそうでもなかったかな。

続いて訪れたのは、後期バロック様式の代表的な建物、ニコラーチ・ヴィッラドラータ館のある、ニコラーチ通り。毎年5月には花祭りが行われることでも有名。ニコラーチ・ヴィッラドラータ館のバルコニーの彫刻はユニークというか、グロテスクというか。。。(↓右)。
noto7.jpg noto8.jpg

ニコラーチ・ヴィッラドラータ館は現在はノートの町の所有になっていて、博物館として一般公開されている(↓左)。
こちらは、その館のバルコニーから見たノートの街並み(↓右)。
noto9.jpg noto10.jpg

こちらは劇場(↓)。こじんまりとした小さな劇場だったけど、手入れがしっかりされていて、丁寧に使われていることが伝わってきた。
noto12.jpg noto13.jpg
noto17.jpgこちらはサン・ドメニコ教会。
本当のノートの町には教会が多かった。神社仏閣の多い京都・奈良みたいな感じで、だから遠足の子どもたちが多かったのかなぁ?シチリアの歴史を考えれば、そんなに古い町でもなさそうだけれど。。。

夕食の後、少しライトアップされたノートの町を散策。
noto14.jpg noto16.jpg

今日でシチリアでの最終日。美味しい食事で締めくくりたかったけれど、入ったレストランがちょっと期待外れでそれが心残り。。。

明日はマルタに戻ります。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/903-a3bcab4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06