Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

マルタ&シチリア旅行:4日目 ゴゾ島 

2017/05/01
Mon. 18:49

【マルタ&シチリア旅行:4日目 ゴゾ島】
(マルタ → ゴゾ → マルタ)


malta88.jpg今日は終日、マルタのお隣の島、ゴゾ島を観光。
ヴァレッタのバスターミナルから、マルタ島の北端にあるゴゾへのフェリー乗り場チェルケウアまで移動。
多少の渋滞もあり、公共のバスを使うと1時間以上かかった。マルタのバスはけっこう揺れるので、座れなかったらこの1時間はけっこうツライ。

バスを降りると、ゴゾ島を走る2階建ての観光バス、Hop-on Hop-offのチケットを売るエージェントに声をかけられ、もともと利用しようと思っていたので、エージェントからチケットを購入。
Hop-on Hop-offバスは、ゴゾでは2つの会社が運営しているのだけれど、ワタクシは車体の色がゴゾの自然に溶け込む(?)Gozo Sightseeing社のほうを利用(→)。真っ赤な車体のほうは、大都会を走る分にはかまわないけれども、自然豊かなところを走る分には、どうも雰囲気を壊すようで好きではない。
malta89.jpgフェリーに乗っている時間は30分程度。あっという間に着いてしまった。
そうそう、このマルタ⇔ゴゾ間のフェリーは、マルタから乗船するときはチケットを購入する必要がなく、ゴゾからマルタに渡るときに往復分の運賃を払う仕組みになっていた。

到着時間に合わせてHop-on Hop-offバスも出発。ドライバーが音声ガイド(日本語あり)用のイヤホンをくれた。
幸い空いていたので、2階の写真を撮りやすい席をゲット。こちら(←)は、フェリーの発着するゴゾの港、イムジャールの遠景。
今日もいい天気だ!!!

malta90.jpgバスは、船が浮いて見えるほど透明度の高いブルーラグーンで有名なコミノ島をはじめ、ゴゾらしい(?)風景が見られるアーラという村を通り(→)、ゴゾの北岸では最大のビーチがあるというラムラ・ベイでワンストップ。
その後、また内陸まで戻ってSavina Creativity Centerというところでストップ、さらに世界遺産でもある巨石神殿の遺跡のあるジュガンティーヤでストップ。こちらで下車。

ジュガンティーヤ神殿は、紀元前40世紀ごろに建造が始まったとされる巨石神殿。マルタの数ある巨石神殿の中でも、時代は古いほうの部類に入り、巨人女性が建造したという伝説がある。
遺跡への入り口にはちょっとした博物館があり、出土品(本物なのか、レプリカなのかは不明)が展示されていた。
malta91.jpg malta92.jpg

女性の体の形を表しているというヒョウタン型の神殿が2つ並んでおり、外側から見ると、一つ一つの石の大きさに驚く(↓)。
malta93.jpg

malta94.jpg

内側は石の大きさが小さくなっていて、これらの空間(室)からはらせん模様などが描かれた石や、男性の象徴の像らしきものなど、信仰の対象となっていたものが発掘されたのだという。
malta95.jpg malta96.jpg
malta95-2.jpg出土品は、ヴァレッタの考古学博物館に展示されていて(←)、この遺跡にあるものはレプリカ。

バスの時間が気になったので、あまりゆっくりできなかったのだけれど、音声ガイドもあったようだったので、借りたほうが良かったかなぁ、、、などと今更ながらに思う(というのも、8日目に訪れたハジャー・イム神殿とイムナイドラ神殿の音声ガイドがかなり充実していたから)。

ジュガンティーヤ神殿の近くにある、タコラの風車も覗いてみた。
こちらの風車は、ゴゾの伝統的な風車で、きわめて保存状態の良いものだとのこと。内部は、当時の暮らしぶりが再現されていた。
malta97.jpgmalta98-1.jpg
malta98-2.jpg

再びHop-on Hop-offバスに乗り込み、しばし車窓からの風景を楽しむ。
malta99.jpg

こちら(↓)は、丘の上にあるゴゾ島の中心地、ヴィクトリア(ラバト)とチタデル(大要塞)
malta100.jpg
そのヴィクトリア(ラバト)で下車。
ヴィクトリアの中心にある広場には、ちょっとしたマーケットが出ていた(↓)。
malta100-2.jpg

さっそく、急な上り坂を登って丘の上のチタデルへ。
チタデル(大要塞)の入り口を入ると、威風堂々たる大聖堂(→)が目に飛び込んできた。
こちらの大聖堂、資金不足によってクーポラ(ドーム)を造ることができず、天井画がドームに見えるだまし絵になっているらしいのだけれど、この日はメーデー=祝日で入場できず
malta101.jpg

この要塞は中世にはすでに築かれていたもののを、十字軍時代、16世紀ごろに増強してこの姿になったとのこと(地震により壊れ、後に再建されたもの)。この砦の頑強さが、オスマン帝国の脅威を物語っている。
malta102.jpg malta104.jpg

malta105.jpgチタデル内の博物館を少し見て回り、再びHop-on Hop-offバスに乗り込む。
車窓から、周囲に何もない中たたずむ姿が印象的な、タピーヌ教会(←)を望む。
malta106.jpg次に向かうは、残念ながら2か月ほど前に(2017年3月)崩落してしまった、ゴゾの観光名所、アズール・ウィンドウ。
そのすぐ近くに、マルタストーンの石切り場(←)があった。
今も使われている様子で、しかもかなりの規模でちょっとビックリ。

ゴゾは、小さな島(長さ14㎞、幅7㎞ほど)なのに、海あり、緑あり、いろいろな表情があってとても魅力的なところ。
音声ガイドによれば、17、18世紀ごろには、すでにゴゾはヨーロッパ人の旅先として選ばれていたとのことだけれど、それも納得。しかも、ゴゾは、現地の言葉で”喜び”という意味なのだという。

アズール・ウィンドウの近くのバス・ストップで下車。
手前には、薬草が生えている岩として保護されてきたファンガス・ロック(↓左)という大きな岩が見える。
そして、すでに”ウィンドウ”ではなくなってしまったアズール・ウィンドウ・・・窓はなくなっても、海の色はキレイです
malta107.jpg malta108.jpg
ダイバーたちの姿も(↓右)。
malta109.jpg malta110.jpg

またまたバスに戻り、しばし車窓からの風景を楽しむ。音声ガイドからは、ゴゾの村を通るたびに、「この村のモットーは・・・」という説明が流れて、なかなか興味深かった。
こちら(↓)は、木製でなく石でできたバルコニーが特徴の村で撮った1枚。
水道橋もなかなか絵になる。
malta111.jpg malta112.jpg

少し時間があったので、ゴゾのリゾート地、シュレンディでも下車。
プールみたいな四角い湾がユニーク。この湾沿いには、シーフードレストランがびっしり並んでいて、ここで遅めのランチを取ればよかった、、、、とちょっぴり後悔。マルタでは観光に忙しくて、まともな食事をしなかったのが心残り。
malta113.jpg malta114.jpg

これにてゴゾの観光は終了。マジャールのフェリー乗り場(↓右)に戻った。
観光地ではよく目にするHop-on Hop-offバスに、今回初めて乗ってみたけれど、車窓からの風景を楽しめるのはとても良かった。
都心よりも、ゴゾみたいなのーんびりした自然の豊かなところのほうが、この2階建てバスが活きるんじゃないかな~。
malta115.jpg malta116.jpg

マルタのチェルケウアに到着後、ヴァレッタでなくスリーマ行きのバスが先に来たので、そちらに乗って、マルタのビーチリゾート、スリーマへ。夕方の渋滞にもつかまり、2時間近くかかってようやく到着。
ちょうど対岸のヴァレッタの夕景を楽しむことができた。
malta117.jpg

しかーし。
夕景を楽しむという心の余裕は次第になくなっていく・・・というのも、スリーマからヴァレッタへのバスは、15~20分間隔で走るバス路線が複数あるはずなのだけれど、待てど暮らせどバスが来ない・・・
1時間以上待ってようやくバスが来て、かなり時間を無駄にした気分。いつ来るかわからないから、バス停を離れなかったのだけれど、割り切って夕食にでも行ってしまえば良かった。。。。
malta118.jpg

明日はシチリアに向かいます
旅する人へのお役立ち(?)情報

2017年5月時点の、Gozo Sightseeing社のHop-on Hop-offバスのルートマップはこちら(↓)。

Gozo Hop-on Hop-off

イムジャール発9:40が最初の便で、15:00発が最終。45分間隔で1日8便。
事前にネットで調べていたものとは少し違いました。時期によって変わるのかもしれませんが、この時点での最新情報として。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/897-269f87f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06