Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

マルタ&シチリア旅行:初日 

2017/04/28
Fri. 22:34

【マルタ&シチリア旅行:初日】
(成田 → イスタンブール)


今年のゴールデンウィークは、マルタとシチリア東部への旅へ。
数年前からマルタには行きたくて、フライト検索などをしていたら、ターキッシュエアラインズの乗り継ぎが便利だということがわかり、イスタンブールも再訪したい都市の一つで、かつ、スターアライアンスのマイルがたまっていたこともあり、当初はマルタとイスタンブールの旅を企画。
かなり早い段階で決めたので、ゴールデンウィークというピークシーズンの航空券をマイル得点で確保(しかもビジネスクラス)できたものの、昨今の世界情勢を考えるとイスタンブールはちょっとリスクが高いかな、と計画変更。
これまでずーっと"special occasion"のためにとっておいた(?)憧れのイタリアにも、初めて足を踏み入れることとなりました。


スーツケースは事前に空港に送っておき、仕事を終えて成田空港へ。
最近話題の(?)格安高速バスが東京駅八重洲口(日本橋)から出ていて、会社から乗り場が近いので、試しに利用してみた。
20分に1本くらいの頻度で出ていて、乗り場に着いた時にはかなりの人が並んでいたのでビックリ。まぁ、この日、この時間帯だから混んでて当然か。。。
最初は少し渋滞していたけれど、これも織り込み済みなのだろう、ほぼほぼ定刻通りに成田空港に到着。
運賃1000円で、これくらい時間に正確に着くなら、これは利用価値が高い!

出発は、22:30発のTK053便。
出国審査を済ませ、ANAラウンジへ。みんなカレーを食べていたけれども、ワタクシはここはぐっと我慢。。。。
というのも、ターキッシュエアラインズの機内食はかなり美味しいと評判と聞いていたから。

turkishairlines1.jpgワタクシが乗ったTK053便の機材は、ボーイング社の777-300ER(機材は曜日や時期によって、コロコロ変わるみたいだ)。
ビジネスクラスのシートはフルフラットになるもの。搭乗してすぐに、CAがマットレスと毛布を持ってベッドメイキング(?)をしてくれた。
機内エンタメもそれなりに充実していたようだったけれども、足元が広すぎて=前の画面が遠すぎて、映画を見る気分になれず。もともと深夜便なので、寝る気満々だったし、それにビジネスクラスの乗客は搭乗中、機内でwi-fiが使い放題だったこともあり、退屈はしなかった。

搭乗後、間もなくスナックのサービス(→)があった。日本発だから、ここはお寿司。これはターキッシュエアラインズの良さを発揮しづらいメニュー。可もなく不可もなくといったところ。

空腹で搭乗したこともあり、真夜中にもかかわらず、ディナーは前菜、メイン、デザートとがっつりいただいた。
前菜のスモークサーモンが分厚くて食べごたえがあって美味しかった。スイーツもコーヒーも、レベルは高かったように思う。
turkishairlines2.jpg turkishairlines3.jpg turkishairlines4.jpg

フルフラットシートでぐっすり眠り、到着前に朝食をいただく。
ドリンクにはいちごのスムージーを選択。機内でスムージーが飲めるとは。
turkishairlines5.jpg turkishairlines6.jpg

食べて、寝て、食べて、、、でおよそ11時間が経過。
定刻より30分ほど早く、午前5時前にイスタンブールに到着。
この後、こちらも素晴らしいと評判のイスタンブールのターキッシュエアラインズのラウンジへ。

2フロアに渡る広々としたラウンジは、ここに誰か住んでる人いるんじゃない?と思うほどの充実ぶり。
機内食でおなかいっぱいだったので食べなかったけれど、トルコ風ピザを焼いているコーナーや、ホットサンドイッチを作っているコーナーなど温かい食事もアルコールもとても充実していた。さらにスイーツはオーストリアのデメルのものだとのこと。
いろいろなものがあるので、ここで食事をする人は、一度ぐるっと一回りして、何があるかを確認してから選ぶのが賢明だろう。
turkishairlines7.jpg turkishairlines8.jpg turkishairlines9.jpg

turkishairlines13.jpgturkishairlines14.jpgコンシェルジュのデスクに行き、シャワーブースを使わせてもらう。シャワーは上の階にも下の階にもあったようだけれど、ワタクシは下の階のものを利用。行きは早朝到着だったこともあり待ち時間はゼロ、帰りは深夜便でラウンジの利用者も多く、1時間近く待った(待つときは、ページャーを渡される)。
シャワールームも広々で感動!
アメニティも充実していて、スリッパ、バスタオル、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはもちろん、ドライヤー、バスローブ、そしてへちまミトンまで!!!
難を言えば、換気扇がないので熱がこもること(まぁ、誰かが入ってくる心配はないので、ワタクシはタオルはさんでちょっとドア開けました)、そして天井まで鏡張りなのでちょっと照れくさいこと(変な話だけれど、頭のてっぺんから足の先まで、背面もばっちり、自分の生まれたままの姿が見られます・・・)

ラウンジは時間を潰す遊び道具も充実。ビリヤード、ゴルフの打ちっぱなし、ラジコンカーレース、ラウンジの入り口付近は図書館っぽくなっていた。
wi-fiの利用は、搭乗券をスキャンすると個別にIDとパスワードが発行される仕組みになっていた。他のステータスでラウンジを予約している人には、パスワードが書かれた小さな紙が渡されていたようだった。
turkishairlines10.jpg turkishairlines11.jpg turkishairlines12.jpg

ラウンジでリフレッシュ&リラックスして、いよいよ最初の目的地、マルタに向かいます

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/892-9fc3075e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11