Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

アタカマ&ウユニ旅行(3日目) 

2017/02/26
Sun. 21:59

【アタカマ&ウユニ旅行(3日目)】
サン・ペドロ・デ・アタカマ(アグアス・カリエンテス、月の谷など)


もともとの予定では、早朝にタティオ間欠泉に行く予定だったのだけれども!
異常気象で連日降り続けた雨に加え、昨夜降った大雨により、途中の道が通行禁止になってしまったとのことで、アタカマ砂漠のハイライト、タティオ間欠泉へは行けず
(前日の夜の段階でわかったので、無駄に早起きはしなくて済んだのが不幸中の幸い)。

予定を変更して、比較的状態の良さそうな道を選んで、サンペドロ・デ・アタカマから南へ進む。
天気はそこそこ回復してきていて、雪をかぶったアンデスの山々が見えた。もともと標高が高い(4000m前後)なので、6000m級の山も、そんなに高く見えない。
途中、可愛らしいピクーニャ(↓右)に遭遇。ピクーニャは個体数が少なく、家畜にはできないそう。
uyuni3-1.jpg uyuni3-2.jpg
uyuni3-3.jpg実は、この日は日食
パタゴニアのほうでは皆既日食になるとのこと、ここアタカマでは少し太陽が欠ける程度だったけれど、雲がかかっていたこともあり、肉眼でもけっこうはっきり、きれいに見えた♪(←)

5910mの高さを誇る、ミニケス山が見えるところで写真ストップ。
雲も多いけれど、真っ白な、おそらく降りたてほやほやだと思われる山頂付近の雪がキラキラとまぶしかった(↓左)。
写真ストップをしたところにたくさん生えていた、コロコロと丸っこいサボテン(↓右)。
uyuni3-5.jpg uyuni3-4.jpg


uyuni3-6.jpgアグアス・カリエンテス塩湖に到着(←)。
uyuni3-7.jpgレッド・ロックと呼ばれる、鉄分を多く含む赤い岩がむき出しになった場所(←)。
uyuni3-8.jpg塩湖は、折からの雨によって水がたまってしまっていた。

この後、世界で2番目に広い塩湖といわれるアタカマ塩湖に向かおうとしたものの、残念ながらそちらも道が冠水していて行くことができない、とのこと

続いて訪れたのは、サンペドロ・デ・アタカマの近くにある月の谷
町から近いこともあり、レンタルサイクルを利用して、自転車で訪れている人もちらほら見かけた(↓)。
uyuni3-9.jpg uyuni3-12.jpg


uyuni3-10.jpg”3人のマリア”と呼ばれる奇岩。
雨によって砂埃が流されて、塩の結晶が真っ白くキラキラ光っていた。アタカマのガイドさんも、「こんなに白い月の谷を見たのは初めてだ!」とちょっと興奮気味だった。
uyuni3-11.jpgこちらは”円形劇場”と呼ばれるスポット(←)。
uyuni3-13.jpg少し砂丘を登って、月の谷のパノラマが見えるところへ。
先にも同じことを書いたけれど、雨で埃がすっかり洗い流されて、塩の白さが際立っている。
月の谷では青空も見え、そこそこ良いお天気で良かった。ここは夕日を見るスポットでもあるらしいのだけれど(昼間は暑すぎるということもあるだろうが)、ワタクシたちは日が高いうちにここを出た。

ただ、夕方から夜にかけてはまた雨
当初予定では、天文台での星空観察をするはずだったのだけれど、そのツアーも中止
ホントに今回は雨にやられました・・・(でも、もし予定通りだったら、早朝から夜中まで、大変な一日だったんだろうなぁ・・・)

明日は、チリを出てボリビアに入ります

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/878-20dae639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10