Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ハート・ロッカー 

2010/03/15
Mon. 00:59

アカデミー賞で作品賞、監督賞などを受賞し(自分がモデルだと主張する男性に訴えられて)話題になった『ハート・ロッカー』(2008年/米国 原題:The Hurt Locker)を観た。

thehurtlocker.jpg

=ストーリー=

舞台はイラクのバクダッド。爆発物の処理班の班長トンプソン軍曹(ガイ・ピアース)が事故で死亡し、代わりにこれまで800個以上もの爆弾を処理してきたレンジャー部隊出身のジェームズ軍曹(ジェレミー・レナー)が赴任する。部下となったサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)や技術兵エルドリッジ(ブライアン・ジェラティ)は、ジェームズの半ば無鉄砲なやり方についていけず不満に思うが・・・

=感想=

 見ている間、ずっと胸が締め付けられているようだった。
視点はやはり米国寄りだけど(最初のトンプソン軍曹以外の米兵の死は、テロ組織の作戦による死だった・・・)、戦争とは、それがどんな名目であれ、敵味方関係なく人間を狂わせるものなのだと痛感した。精神がおかしくなって当然、逆におかしくならないほうがおかしいような気がして、本当に見ていて胸が痛かった。

 爆発物の処理のシーンは、どれも緊張感に溢れていたし、手に汗握った。主役級に有名な俳優を配していない点も、ドキュメンタリー風に映ってハラハラドキドキした。でも、後半以降はドキュメンタリーなどではなく、フィクションなのだと思い直している自分もいた。「あの時こう思った」などと処理班の人間が語る必要はまったくないと思うけれど、見終わって少し時間が経った今は、もう少しジェームズサンボーンエルドリッジの内面を描いて欲しかったようにも思う。

 どのシーンが最も印象に残っているかと聞かれれば、本題から離れるけれど、帰国したジェームズがスーパーでシリアルを買うシーンだと答える。バクダッドではシリアルなんてあっても1、2種類だったはず。何気ない日常に、豊かで暢気な本国と、本国から遠く離れた過酷な戦場の対比が集約されていて、なんとも言えない気持ちになった。


=評価=
★★★★(満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 3

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/86-577b5afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[映画『ハート・ロッカー』を観た]

☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...

『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2010/03/15 01:38

ハート・ロッカー

処理できないものは人間の心。  

Akira's VOICE | 2010/03/15 10:13

ハート・ロッカー・・・・・評価額1750円

世紀の超大作「アバター」との元夫婦決戦を制し、オスカー6部門を獲得した「ハートロッカー」は、なるほど凄い映画であった。 まるで自分が...

ノラネコの呑んで観るシネマ | 2010/03/18 00:37

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。