Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ナミビア旅行:初日&2日目 移動日 

2016/09/18
Sun. 14:01

【ナミビア旅行:初日&2日目:移動日】
(成田 → 香港 → ヨハネスブルク → ウィントフーク → オージョ)


2016年9月17日(土)から、遅い夏休みがスタート。今回の旅先は、ナミビア
実は、今年の夏休みはマルタとイスタンブールを自分で回る計画を立てていて、航空券も宿の手配も済んでいたのだけれど、昨今のトルコ情勢からイスタンブールは避けたほうが無難かと思い直し、ナミブ砂漠は一度行ってみたいと思っていたので、急遽このナミビア旅行のパッケージツアーに参加することにしたのだ。
パッケージツアーの参加者は18名+添乗員。女性が15名と圧倒的に多く、3組の女性の友人同士の参加があったほかは、おひとりさまでの参加。

rokuyon64.jpg成田空港16:55発のキャセイパシフィック航空521便で、まずは香港へ。

機内で、映画『64(ロクヨン)』(2016年)の前後編を見た。小説は既読だったので、ストーリーは知っていたけれど、第二の誘拐事件が起こる後編はなかなかスリリングな展開で面白かった。キャストが豪華だったのは映画ならでは、久しぶり緒方直人を見たなぁ・・・

香港からは南アフリカ航空287便で南アフリカのヨハネスブルクへ、さらに乗り継いで、ナミビアの首都ウィントフークへ。
one world系のキャセイから次のスターアライアンス系の南ア航空への乗り継ぎでは一度にチェックインができないらしく、いったん香港で荷物をピックアップし(ロスト・バゲージ対策にもなるらしい)、出入国の手続きをとった。

ヨハネスブルクまでは13時間の長時間フライト。ただ深夜便だったので機内では爆睡
ヨハネスブルクからウィントフークまでは約2時間。窓側の席に座って窓の外を見ていたのだけれど、広大な赤茶けた地面以外にはほとんど何も見えず。
そもそもナミビアという国名は「ナミブ砂漠」に由来し、「ナミブ」とは現地の言葉で「何もない」という意味だとのこと、確かにその言葉どおり、「何もない」場所だなぁ、、、ということを実感。

成田出発からおよそ30時間、ようやくウィントフークに到着(現地時間で翌18日の14時ごろ。日本との時差は7時間)。
ウィントフークの空港は、とても小さく建物も質素な感じ(↓左)。
ワタクシたちのフライトは南ア航空だったけれど、ナミビア航空の飛行機を見かけたので一枚記念撮影(↓右)。
namibia1-1.jpg namibia1-2.jpg
ちなみに、ウィントフークとは、”風の曲がり角”という意味らしい(ナミビアはドイツの植民地だった歴史をもつのでドイツ語かと思ってたら、"hoek"はオランダ語で"corner"の意だと判明)。

namibia1-3.jpgウィントフークからはバスに乗り、本日の宿泊地のオージョという町へ移動。
今回の旅行はバスでの長距離移動が多く、この最初の移動も約5時間!

こちら(→)は、ウィントフークからオージョへ向かう途中、たくさん見ることができた、ナミビア名物(?)のシロアリ塚。B国道と呼ばれる幹線道路では駐車することができず、残念ながら写真ストップがなかったので、たくさん目にはしたけれども、写真はこの車窓から撮ったブレブレの1枚のみ
シロアリ塚の土には、養分や水分が多く含まれているので、このシロアリ塚の傍に木が生えることも多いらしい。そして驚くことに、このシロアリ塚の中で、キノコが栽培されているのだという。
シロアリの小さな体で、どうしてこんなに大きなアリ塚を作ることができるのか?何万匹、いや何百万匹のアリたちがこの巨大な建造物を作り上げるために、何かコミュニケーションをとっているのだろうか?本能的に何か埋め込まれているのだろうか?

道中のお手洗い休憩は、ガソリンスタンドにて。有料のところが多く、入口に人がいて、ナミビア・ドルで1ドルか2ドルを支払うとトイレットペーパーを手渡してくれる。乾燥地帯で流れる水量は少ないものの、有料ということもあり、思いのほかトイレはきれいだった。
なお、ナミビア・ドルは南アの通貨ランドと同じ価値で、1ナミビアドル=約7.5円(ただし、成田空港で両替したら、レートは約10.5円だった)。南アランドもナミビア国内で普通に流通している。

すっかり日も暮れて、暗くなってから本日の宿泊地、オージョのロッジに到着。
長い長い1日(2日)でした、明日はエトーシャ国立公園でドライブ・サファリを楽しみます
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/855-3d20b5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11