Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

尾瀬ハイク(その1) 尾瀬沼編 

2016/07/02
Sat. 21:00

【尾瀬ハイク(その1) : 尾瀬沼編】
(浅草 → 会津高原口 → 沼山峠 → 尾瀬沼 → 見晴 → 元湯山荘)


oze2.jpg職場の山好き(?)先輩方が企画してくださった、尾瀬ハイクに参加。
年齢は入社2年目の20代前半から50代半ばの大先輩(?)までさまざま、男性6名、女性6名、計12名のパーティ。

金曜日に仕事を終えいったん帰宅、準備を整え、東武浅草駅23:55発の”尾瀬夜行2355”(→)に乗って、いざ、出発。
車内にはスリッパと毛布が用意されていたほか、乗車記念のピンバッチなど粗品ももらえ(↓)、旅気分が盛り上がる
しかし、いかんせん車両が古く(いかにも昭和!な車体)、ほとんどリクライニングができない椅子。しかも、浅草を出た後には、北千住、新越谷、春日部など停車駅もあり、残念ながらあまりちゃんとは眠れなかった。

会津高原尾瀬口駅には、午前3時半前に到着。とはいえ、連絡バスとの接続時間の関係で、到着後30分程度は車内で仮眠ができる。
会津高原尾瀬駅からは、4:20発の連絡バスに乗車。もうほんのり空が明るく、夏の日の長さを実感。

oze1.jpg oze3.jpg oze4.jpg

2時間ほどの車中で爆睡し、午前6時10分ごろに本日のハイキングの出発地、沼山峠のバスターミナルに到着。途中、車窓からブナの原生林が見えた(↓左)。
少し身支度をして、集合写真を撮り(↓右)、いざ、ハイキングに出発
oze5.jpg oze6.jpg
oze7.jpg人生初の尾瀬、しかも自分がまったく企画に関与していなかったので、恥ずかしながら、自分がどこに居てどこに向かっているのかもよくわかっていなかったのだけれど、とりあえずは沼山峠から少し下って、大江湿原を通り、今日は尾瀬沼周辺を歩くとのこと。木道なので歩きやすいけど、ちょっと湿っていたりとか、木道が傷んでいるところはかえって滑りやすかったりするので、トレッキング用のシューズがオススメ。

1時間ほど歩いて、尾瀬沼ビジターセンターに到着。ここで休憩&朝食(職場で賞味期限が切れたばかりの、アルファ米の非常食)。
こちらは、ビジターセンタ―近くのビューポイントからの尾瀬沼と燧ケ岳(2356m)。東北地方~ここは福島県~で最も高い山らしい。


ちらほら気の早い、尾瀬の象徴(?)ニッコウキスゲが咲いていたり、のんびり屋のワタスゲが咲いていたりした(↓)。
oze8.jpg oze9.jpg oze10.jpg


oze12.jpg
尾瀬沼は、南岸を回ることに(南岸は少し木道が傷んでいるので歩きづらく、北岸に比べるとアップダウンもある)。
コチラは、三平下近くからの眺め。青空だったらもっとよかったんだけど・・・
oze11.jpg北岸ルートからの合流地点、沼尻からは、見晴を目指して、2時間ほどてくてく歩く。
うーん、お花がもっと咲いているかと思ったけれど、ちょうど端境期に当たってしまったようだった。

oze13.jpgそんな中、いちばんきれいに咲いていたのは、尾瀬沼南岸ハイク中、ちょっと上りになった林で見られたハクサンシャクナゲ(→)。

お昼過ぎに見晴に到着、ここでランチタイム♪
メニューは、この会(?ワタクシは初参加だったけれど、ここ数年毎年ハイク企画が催されている)恒例の、チーズフォンデュ。
重たいのに、白ワインやらチーズやら、バーナー&コッヘルを運んでくれたみなさん(特に若者たち)、どうもありがとう!!!(ちなみにワタクシの担当は、チーズフォンデュの具となる調理済みの真空パック入りジャガイモ、カボチャでした)
なお、尾瀬ではゴミはすべて持ち帰り(山小屋やお土産物屋で買ったもののゴミだけは、その場で引き取ってくれる)。

お昼をのんびり食べた後は、少し歩いて、山小屋:元湯山壮にチェックイン。
元気がある人は、ここから(かなりの速足で)三条の滝までさらに足を延ばしていた。

山小屋でお風呂に入って(一応、温泉。ただし、環境保護のためシャンプーやせっけんなどの使用は不可)リフレッシュ、17時半に夕食(ビールがうまかった!)、21時が就寝。
朝が早かったこともあり、ぐっすりよく眠れました♪

その2)へ続く。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/844-ae5d1695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

尾瀬ハイク(その2):尾瀬ヶ原編

【尾瀬ハイク(その2):尾瀬ヶ原編】 (元湯山荘 → 尾瀬ヶ原 → 尾瀬戸倉温泉 → 新宿)  2日目の朝は5時半起床。6時に朝食をとり、7時には宿を出た。宿の前で、集合写真をパチリ。 天気予報どおり(山の天気は変わりやすいけど)、しばらくすると雨が降ってきて、レインウェアの出番が! 10年以上前に買って、防寒具としては旅行中、何度も出番はあったのだけれど、雨具としての出番がほとんど...

Small Talk 2 | 2016/07/09 22:12

page top

2017-04