Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

エチオピア・ダナキル砂漠旅行:6日目 

2015/12/30
Wed. 19:35

【エチオピア・ダナキル砂漠旅行:6日目】
(セメラ → アワシュ国立公園)


さて、本日もひたすらの移動日。
セメラからひたすら南下し、アワシュ国立公園までをひた走る。

昨日も、ジブチへつながる幹線道路を通ったけれども、今日はエチオピア―ジブチ鉄道の建設中の新線と、かつて使われていた旧線を目にする。
エチオピア―ジブチ鉄道(旧線)は、エチオピアのアディスアベバと、ジブチの首都ジブチを結ぶ、1894年から1917年にかけて建設された、全長782㎞、標高差2400mにも及ぶ鉄道。当初はエチオピア皇帝メネリク2世によって計画されたが、のちフランスの支援によって完成。20世紀末以降は、老朽化により道路輸送に切り替えられたが、現在は中国資本によって、全線の電化を伴う大規模修繕工事がおこなわれている。
ethiopia5-1.jpg夕方近くになり、アワシュ国立公園に到着。
この国立公園は、1966年に国立公園に指定され、その広さは約756㎢。

今日の宿泊地は、国立公園内にあるアワシュ・フォールズ・ロッジ(←)。

ethiopia5-2.jpgロッジからすぐそこにある、アワシュの滝(←)を観光。
乾季の今は水量が少なく、ちょっと物足りない感じもするし、しかも近くに何かの工場があるらしくその排水の臭いがしてとても美しい滝とは思えなかったけれど、エチオピアにとっては重要な水源であり、大切な滝なのだという。

滝のそばでは、ワニが日向ぼっこをしていた(↓左)。口の中が黄色くて、なんだかちょっと気持ちが悪い。。。。
ワニに加え、ベルベットモンキーも発見(↓右)

ethiopia5-3.jpg ethiopia5-4.jpg

このアワシュの滝の近くは、蚊がたくさんいると聞いていたのだけれど(ロッジのベッドには蚊帳がかけてある)、ワタクシたちが訪れた日はマシだったようで、虫よけスプレーだけで事足りた。多いときには、ロッジの中で蚊取り線香を焚かないと間に合わないらしいので、ラッキーだったのだろう。

なんだかんだで、明日が実質上の最終日。早いなぁ・・・
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/813-cfc603e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06