Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ルアンパバーン旅行:初日 

2015/02/07
Sat. 22:29

【ルアンパバーン旅行 : 初日】
(成田 → ハノイ → ルアンパバーン)


2日間の休暇を取って、ラオス北部にあるルアンパバーンを訪れた。
ルアンパバーンは、寺院が多く、またフランス植民地時代の影響も残っているラオスの古都で、街全体が世界遺産に登録されている、ヨーロッパからの観光客に大人気(?)の場所。日本人観光客は少なめなようで、アジア人だと隣国タイ、韓国からの旅行者が多いようだった。

LP1-1.jpg日本からラオスへの直行便はなく、ワタクシは成田からベトナム航空でハノイに飛び、ハノイからルアンパバーンへ入った。バンコク経由のフライトもあるようだけれども、バンコクだと相当南下してまた北上することになるので、かなり遠回りな感じがする。
ハノイでの待ち時間は4時間強。ハノイの国際線ターミナルは新しくできたばかりのようで、ところどころまだオープンしていない店もあった。
LP1-2.jpgハノイからルアンパバーンへは、こんな(←)小さいプロペラ機に搭乗。1時間ほどのフライトにもかかわらず、ドリンクと軽食(サンドイッチ)のサービスがあった。

ルアンパバーン国際空港に到着。国際空港とはいっても、とってもこじんまりした小さな空港。建物は新しいようだった。
入国審査を出てすぐのところに銀行が1軒あったけれども、ワタクシが到着した20時ごろには閉まっていた。とはいえ、ATMがあるので、ここでラオスの通貨=キープ=は入手が可能。銀行のレートは街中の両替所よりも多少良かったように思う(手数料を取られなければ)。

LP1-3.jpgワタクシが滞在中に追加両替をした街中の両替所のレートは、
1円 = 65~66キープ。
2回両替して2回ともお札の枚数が合っていなかったので、必ず目の前で確認するべし。
故意にちょろまかしたのか、うっかりしたのかはわからないけれど、2度ともなのでおそらく・・・

空港からホテルまでは、ホテルのピック・アップサービスを頼んでいたので、ドライバーが迎えに来てくれていた。
街の中心までは車で約15分程度。
ルアンパバーンには大型ホテルはなく、レストラン併設のゲストハウスっぽいホテルが多い。ワタクシが泊まったのもそういうところで、内装はリゾートホテルっぽい感じだった(→)

ホテルのフロントで、パークウー洞窟へのツアーについて尋ねたら、ランチ込みの半日ツアーで25米ドル、とのこと。後で、街中の至るところにある旅行代理店でもそういう内容のツアーを見かけたので、ぼったくりではなかったのだろうけれど、かなり割高だったので申し込まなくて正解。フロント・クラークには、クアンシーの滝に行くことを強く勧められた。

ちょこっとだけナイト・マーケットをのぞき、明日の托鉢見学に備え、早めに就寝。
明日からが、実質の初日です。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/748-b5fe72db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10