Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

戸隠・小布施ミニ旅行:小布施編 

2014/10/19
Sun. 22:37

【戸隠・小布施ミニ旅行 : 小布施編】


小布施での宿泊先は”おぶせの風ユースホステル”
大学3年生の時に京都のユースホステルに泊まって以来のユース、ただ最近はずいぶん様変わりしているようで、ユースホステルといっても個室も多く、宿泊しているは若者でなくご夫婦だったり、親子だったり。。。ここ小布施のユースも、ユースというよりはちょっとしたペンションといった感じ。
夕食には小布施の栗を使った栗ごはん、朝食時には東京のパティシエの間でも人気の甘く濃いオブセ牛乳が出るなど食事がなかなか充実していた。

7時半の朝食を済ませ、その後、この季節限定の小布施名物、小布施堂の『朱雀』の整理券をゲットしに、小布施堂へ。
朝は冷え込むなか、1日限定300(400?)食の『朱雀』を求め、ずらーっと並んでいる人たち。。。いったい先頭の人は何時に来てるんだ???
8時から整理券が配られ始め、ワタクシが整理券をゲットしたのは8時35分ごろ。予想より早く、指定された時刻は11時だった。

obuse1.jpgobuse2.jpg
思ったよりも『朱雀』の指定時間が早かったので、小布施の中心地から少し離れたところから観光スタート。
まずは20分くらい歩いて、北斎が描いた天井絵で知られる、岩松院(←)へ。


obuse.jpg本堂の天井絵『八方睨み鳳凰図』は、残念ながら写真撮影は不可なので、絵葉書をパチリと。
170年前の絵が、こんなにキレイに残っているとは驚き。

岩松院には、北斎の天井絵のほか、豊臣秀吉に仕えた福島正則の霊廟(↑右)もあった。福島正則は石田光成と折り合いが悪く、関ヶ原では徳川家康に味方して江戸時代にも残ったはずなのに、その後、領地替え、秀忠の時代には改易になったと知って、ちょっと驚いた。

あと、小林一茶が「やせ蛙 負けるな一茶 これにあり」との句を詠んだといわれる”蛙合戦の池”もあった(が、この蛙合戦の池は、全国津々浦々(?)至る所にあるらしい)。

岩松院から、のどかな“せせらぎ緑道”と呼ばれる道を歩いて、続いての目的地、浄光寺へ向かう。
道すがら、身を実らせたリンゴの木や柿の木がたくさん見られた・・・美味しそう・・・
obuse3.jpg obuse4.jpg

浄光寺の薬師堂に到着。
600年以上も前に造られたという石段は、自然石を利用しているようだが、意外にも鼻先が一直線に並んでいる。
茅葺屋根の薬師堂は、古刹という名がふさわしい、雰囲気のある建物だった。
obuse5.jpg obuse6.jpg obuse7.jpg

さて、そろそろいい時間になったので、小布施の中心地へ戻る。途中、『フラワーガーデン』の前を通ったら、そこでもイベントをやっていて、フラワーガーデンの入場料も無料になっていたので、少し覗いてみた。
ロープの上をアクロバティックに動く(?)スラックラインをやっていた。そういえば少し前のニュースで、長野では須ラックラインが盛んだと言っていたっけ。

町の中心に戻ると、一部が歩行者天国になっていて、江戸時代から続くお祭り、六斎市が開かれていた。
骨董のようなものを売っている店、りんごやマスカット、そして栗などを売っているお店、長野名物のおやきやおでん、焼き鳥の屋台などが立ち並び、大いに賑わっていた。ただ、混雑している中でも犬を散歩させている人がけっこういてちょっと迷惑・・・

屋台をふらふら覗いていると(でもこの後のことを考えて、試食のブドウ以外は口にせず)、ちょうどよい時間になったので、小布施堂本店のすぐ近く、中庭を隔てたところにある本宅(↓)に到着。
obuse8.jpg obuse9.jpg

時間通りに店内に案内され、待つこと数分、待望の(?)『朱雀』とご対面!
想像していたよりも大きくボリューム満点。麺状のものは、新栗を蒸して皮をむき、裏ごししたもの。砂糖などは加えておらず、本当に栗そのものの味。うん、これは美味しい!!!
こんもりした朱雀の下のほうには、甘い栗あんが少し入っていて、そのあんと麺状の栗とを一緒に混ぜていただくのが正しい食べ方。
obuse10.jpg obuse11.jpg

obuse14.jpg美味しい栗でおなかが満たされた後は、美術鑑賞。
3館入場できる共通チケットを購入し、北斎館高井鴻山記念館おぶせミュージアム中島千波館を訪れた。

北斎館は現在改装工事中で、展示が少なかったようなのだけれど、龍、鳳凰の描かれた東町の祭屋台男浪図、女浪図の天井絵と皇孫勝の像のある上町の祭屋台は、ばっちり見ることができた。皇孫勝とは、水滸伝の登場人物のひとり、公孫勝のことらしい。
企画展としては、『秋の館蔵肉筆名作選』をやっていて、北斎にしては珍しい「渡船山水」なども見ることができた。北斎といえば浮世絵が有名だけれども、晩年には肉筆画もたくさん描いていたとのこと。
北斎の作品や小布施での北斎を紹介したビデオもなかなか面白かった。自らを「画狂老人」と称した北斎に、俄然興味がわいた。今、東京(上野)でボストン美術館の北斎展をやっているようだから、行ってみようかなー。

こちら(↓)は、高井鴻山記念館。鴻山がサロンとして使っていた建物や、北斎のために建てたアトリエがそのまま展示室になっていた。
北斎が描いた下絵を基に、鴻山が描いた『象と唐人』も見ることができた。
obuse12.jpg obuse13.jpg

おぶせミュージアム中島千波館は、その名のとおり、小布施出身の画家、中島千波の作品が充実していた。
『おもちゃ・野菜果物と花鳥画の競演』という企画展が開催中だったほか、桜や牡丹などを描いた屏風なども展示されていた。

obuse15.jpgobuse17.jpg美術館めぐりの後、お昼でも食べようかな・・・と思ったのだけれども、レストランや甘味処はどこも大混雑!!!栗のシーズンの小布施の人気は想像以上(+美術館はぜんぜん混んでいなかった)。あの小さな町で、1時間待ちが当たり前って・・・
こちら(←←)は、ガイドブックに必ず乗っている“栗の小径”。栗の木のタイルが敷き詰められている。
←は、中町の祭屋台。六歳市開催中だったので、実際に町に出ているものもあったけれど、こちらはおぶせミュージアムに展示されていたもの。お祭り中だからか、獅子舞のパフォーマンスも見ることができた(↓)。
obuse16.jpgobuse18.jpgお昼を食べ損ねたので、おなかが空いたこともあり、並ばずに食べられるものを・・・ということで、風味堂の簡易カフェにて栗のクリームと小さくカットされた栗がトッピングされたアイスクリームをいただいた(←)。オブセ牛乳を使ったアイスクリーム、おいしかった

本当は、栗の木テラスのモンブランも食べたかったし(←1時間半町と言われた)、味麓庵の福栗焼きも買って帰りたかったんだけど(←要予約とは知らず)、時間がなかったので泣く泣く断念。
最後におみやげに、竹風堂の栗おこわ、桜井甘精堂の栗どらやきを買って、帰路に着いた。

戸隠、小布施とも良いところで、とても充実した週末でした♪
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/729-4349818c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08