Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

シンガポールでの週末(その1) 

2014/03/08
Sat. 23:56

【シンガポールでの週末:その1】


先日のハードな世界一周10日間出張に続き、再び出張が入った。
とはいえ、今回はシンガポールのみ、約1週間の滞在で、しかも週末(土日)はまるまるフリー。ということで、週末は観光客気分で遊んでしまいました
最初に訪れたのは、シンガポールのシンボルを見るべく、マーライオン・パークへ。
おのぼりさん根性丸出しで、お約束の写真撮影(↓)。
ミニ・マーライオンのほうからは、大きいマーライオンの背中、マリーナ・ベイ・サンズが見え、「あぁ、シンガポールに来たんだなぁ」と実感
sin-1.jpgsin-2.jpg

sin-3.jpgマーライオン・パークから見たマリーナ・ベイ・サンズ。
何度見ても、「なんでこんなデザインにしたんでしょうね?」という不思議な形。

マーライオン・パークを出てタクシーをつかまえ、このマリーナ・ベイ・サンズへ。
シンガポールはタクシー料金が安く、外を歩くのも暑いので、ついついタクシーを使ってしまいます(複数で行動していれば、なおさら)。
ただ、ちょっと注意が必要なのは、クレジットカードを使うと別途追加料金がかかるのと、あとメジャーなタクシー会社のひとつは、VISAカードが使えないこと(Master、AMEX、JCBはオッケー)。

マリーナ・ベイ・サンズの目的地は、空中庭園『サンズ・スカイパーク』
レストラン&バー『KU DE TA』を利用すると空中庭園への入場料が不要、という情報を仕入れていたのだけれど、土曜日のお昼は、アルコールなしのブランチ(98星ドル)か、シャンパンブランチ(198星ドル!)しか選択肢がないと言われ、レストラン利用は断念、普通に入場料を支払った。

高速エレベーターをぐんぐん上がり、てっぺんに到着。
見下ろす景色は素晴らしく、開放感があって気持ちがいい~!
sin-4.jpg sin-5.jpg
夜景のイメージが強かったけど、昼間は青と緑のコントラストが抜群(空気がちょっと汚いのが残念)。
港には、客船、作業船、コンテナ船などなど、たくさんの船が停泊していた。
ここで飲むビールもサイコー
sin-6.jpg sin-7.jpg
屋上のプールは、残念ながらホテルの宿泊者のみが利用可能。
まぁ、ここが一般開放されてしまうと、このホテルに泊まる意味が半減してしまうんでしょうね・・・(ホテルとしての評判はあまり芳しくないようだし)。

おなかが空いたので、どこで食べるか迷っていたところ、この空中庭園から見えたダム(Marina Barrage)の近くにフードコートがあることがわかったので、そちらに行ってみた。
東南アジアの焼き鳥(?)サテとビール、フレッシュフルーツジュースなどを食べつつ、しばしおしゃべりで時間を潰していると、Marina Barrageの公園(?)からたくさん凧が上がっているのが見えた。
上がってみると(ちなみにこの日は女性のみが参加しているマラソン大会があった模様で、周辺はピンクのユニフォームを着た女性であふれていた)、家族連れが、思い思いに凧揚げをしていた。場所も十分広いし、電線もないし、しかも風が強いということもあって、かなり高く上がっているものもあった(↓左)。
sin-34.jpg sin-8.jpg

最後に、ナイトサファリへ。こちらも横着をしてタクシーを利用。
入場してすぐに、日本語トラムのチケットをゲット。この日は3回あったようだけど、すでに2回分は満席とのことで、選択肢はナシだった。さすが、人気があるのねー。
トラムまで時間があったので、ひとつ“ワラビー・トレイル”を歩いてみた。モモンガが豪快にエサを食べているところを見ることができた。
sin-9.jpg sin-10.jpg
トラムは約45分。英語版のトラムは途中下車が可能だが、残念ながら日本語版トラムは不可。
印象に残っている動物は、黒(灰)と白のコントラストが印象的なマレーバク(↓右)、遠くにちらっと見えただけだけどマレートラ。解説で興味深かったのは、キリンは1日に20分程度しか熟睡しないということ。
トラムの後は、ナイトショーを見にシアターへ移動。カワウソがごみの分別をしたり、嗅覚の優れたジャコウネコがその力を披露したり、マッチョな人が選ばれてニシキヘビを首に巻かれたり、なかなか楽しかった。

トレイルを歩く元気が残っていなかったので、ここでお開き。
充実の土曜日でした。付き合ってくれたTさん、どうもありがとうございました!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/684-b4b13d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06