Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ブラジルの食堂:ポルキロ 

2014/02/20
Thu. 13:13

ブラジル・リオデジャネイロでのランチは、“ポルキロ”と呼ばれる量り売りの食堂で摂ることが多かった。
ポルキロとは、英語にすると"per kilo"、つまり「1kgあたり」、量り売りの食堂、というわけ。

porkilo2.jpgporkilo1.jpgまずは、お皿をとって好きな料理を盛り付ける。
サラダ、温野菜、ごはん(ピラフ)、ポテトなどの揚げ物、肉料理、魚料理などなど、店によって異なるけれど、たくさんの種類の料理がズラリ。
サラダの近くにはオイルなどドレッシングも並んでいる。
porkilo3.jpgporkilo4.jpgこれも店によるけれど、ブラジル名物のシュラスコが置いてある店もあり、その場合は「この肉!」と言うと(指さすと)スライスしてお皿に乗せてくれる(←←)。
シュラスコのほか、クレープがあったり、寿司があったりと、お店はいろいろ工夫をしているようだった(ちなみに寿司を取ると単価が上がってしまう店もあるらしい。)

ワタクシのある日の昼食は、こんな感じ(←)。野菜も肉もバランス良く取れ、その日の調子によって量も変えられるし、非常に合理的で気に入った!

料理を取ったら計量コーナーへ。伝票を受け取り(支払はここではしない)、席を確保。
ドリンクは、この計量コーナーで買える店と、テーブルでオーダーする店とがあった。

食後にレジに行って支払をする。平均すると、ドリンク込みで、だいたい220~250レアル程度(1000円超)だった。リオデジャネイロという土地柄か、物価は高めか。
支払いを済ませると、支払いを済ませた印(カードなど)をくれるので、出口で必ずそれを見張り番に渡すこと。

またリオには行くことがあるかと思うので、お気に入りのポルキロを開拓していきたい。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/681-0c613ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

めちゃめちゃハードな世界一周

急に降って湧いて出てきた出張により、10日間で世界一周(?)をしてしまったので、その記録をば。 仕事があったのは、シンガポール(半日)と、ブラジルのリオデジャネイロ(5日間)。 リオ行きが決まった時に、シンガポールから「だったらこっちにちょっとでいいから寄って!」と言われ、「え???寄るって距離でも場所でもないっしょ?」と思いつつも、短時間滞在をすることに。 当初の旅程は、 ...

Small Talk 2 | 2014/03/01 18:58

page top

2017-06