Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

めちゃめちゃハードな世界一周 

2014/02/15
Sat. 23:05

急に降って湧いて出てきた出張により、10日間で世界一周(?)をしてしまったので、その記録をば。

仕事があったのは、シンガポール(半日)と、ブラジルのリオデジャネイロ(5日間)。
リオ行きが決まった時に、シンガポールから「だったらこっちにちょっとでいいから寄って!」と言われ、「え???寄るって距離でも場所でもないっしょ?」と思いつつも、短時間滞在をすることに。

当初の旅程は、

1)東京(羽田)→シンガポール 
JL0035便(07:40) 02/15(土) 00:05 TOKYO(HND) → 02/15(土) 06:45 SINGAPORE(SIN)

2)シンガポール → リオ
BA0012便(13:40)  02/15(土) 23:10 SINGAPORE(SIN) → 02/16(日) 04:50 LONDON(LHR)
BA0249便(11:45) 02/16(日) 12:20 LONDON(LHR) → 02/16(日) 21:05 RIO DE JANEIRO(GIG)

3)リオ → 東京(成田)
AA0250便(11:00) 02/21(金) 22:45 RIO DE JANEIRO(GIG) → 02/22(土) 06:45 DALLAS(DFW)
AA0175便(13:25) 02/23(日) 09:55 DALLAS(DFW) → 02/24(月) 14:20 TOKYO(NRT)


という旅程。
世界一周運賃という航空券の制約ゆえ、2都市以上で24時間以上の滞在が必要なため、帰りのリオ→東京で乗り継ぐダラス・フォートワースで1泊が入っている。

passport.jpgこれだけでもちょっとビックリなフライト・スケジュールだと思うけれど、実はスタートから躓いてしまう。
そう、この出発日2月15日(土)は大雪の日・・・

電車が動かなくなるかも、ということで早めに家を出て、羽田には問題なく入れたものの、夜が更けるごとにどんどん雪も風も強くなり、こりゃー飛びそうにないな・・・と。
結局は、欠航ではなく「23時間遅れ」で飛ぶことになり、ラウンジで羽入くんの金メダルの演技を観戦したのでした。
ラウンジも追い出され、出国手続きが取り消され(←こんなスタンプ初めて見た!)、預けていた荷物もピックアップ。
幸いモノレールが動いたので、いったん自宅に戻ることができ、仮眠を取って、出直し。
その間、会社が使っている旅行会社の休日デスクに連絡し、フライトの再アレンジを依頼し、無事、行きのフライトが次のように確保できた(帰りはそのまま)。

1)東京(羽田)→シンガポール 
JL0035便(07:40) 02/15(土) 23:05 TOKYO(HND) → 02/16(日) 05:45 SINGAPORE(SIN)

2)シンガポール → リオ
AY0082便(12:25) 02/16(日) 23:55 SINGAPORE(SIN) → 02/17(月) 06:20 HELSINKI(HEL)
AY0831便(03:10) 02/17(月) 08:00 HELSINKI(HEL) → 02/17(月) 09:10 LONDON(LHR)
BA0249便(11:45) 02/17(月) 12:20 LONDON(LHR) → 02/17(月) 21:05 RIO DE JANEIRO(GIG)


1singapore.jpgシンガポールをスキップして、羽田発の朝の便で直接ロンドンに飛ぶという選択肢もあったのだけれど、この状況では羽田を定刻に発たない可能性も高く、そうするとロンドンから先の乗り継ぎができない・・・ということも懸念されたので、シンガポールからヘルシンキ経由でロンドンへ、という大旅行(?)となりました。

仕切り直し、23時間遅れのフライトは、1時間弱の遅れで離陸。
羽田の滑走路の除雪とか、遅れた便の乗客の調整とか、空港、航空会社スタッフは大変だっただろうなぁ・・・ホント、お疲れ様でした。誰が悪いわけでもないものねぇ

早朝にシンガポールに到着、ホテルに入って(1泊しないけど手配してくれていた)シャワーを浴び、午後からオシゴト(打ち合わせ)。
夕食は肉骨茶(バクテー。→)をリクエスト(疲れてたしサクっと終わりたい気持ちもあり)、これで元気をチャージ!!!

再びホテルに戻り、シャワーを浴びて、また空港へ。
当然雪などには強い空港ではあるだろうけど、ヘルシンキの天候をチェックしてしまったワタクシ、ダイジョウブそうで、ほっと一安心。
初めて利用したフィンランド航空(Fin Air)は、クルーがフレンドリーで好印象だった。食事もけっこう美味しかったし、今後ヨーロッパ行くときとか、プライベートでも利用したいかも。

ヘルシンキでの乗り継ぎ時間は短かったのだけれど、Fin Airのラウンジは、さすがフィンランド!なおしゃれで快適だった。食器もマリメッコだし(↓左。ちなみに機内食の食器も一部はマリメッコだった)、使わなかったけどシャワールームなんかもちゃんとあって、非常に良い感じだった。

定刻どおり、問題なくロンドン・ヒースローにも到着。昔(20年近く前)のイメージで、ロンドン・ヒースローは暗くて複雑でごちゃごちゃしていると思っていたけど、乗り継ぎサインもわかりやすかったし、長距離国際線の多く飛ぶターミナル5は、免税店も充実していてキレイだった。
英国航空(BA)も、これまで全く良いイメージはなかったけれど、ビジネスクラスということもあってか、予想していたより快適だった。ただ、シートが隣の人と向かい合わせにレイアウトされている機体だったのは残念。家族や恋人・友達同士ならいいんだろうけど。
2helsinki.jpg 3london.jpg

そしていよいよ、目的地リオに到着!!!
月曜の夜に入って、火~金まで仕事、金曜の夜の便で出発という日程なので、どこにも遊びに行けなかったけれど、ホテルがコパカバーナだったので、ホテルの窓からビーチがしっかり見えました!
4rio.jpg

5rio.jpg

カーニバルが近かったので、ホテルに展示されていた人形と(笑)。
あと、食事は基本、肉が中心。ガッツリです!!
6rio.jpg 7rio.jpg 8rio.jpg
このほかの食事に関しては、コチラをどうぞ。


仕事は比較的順調に進み(?)、あっという間の4日間が終了。
帰りは、これまた評判の悪いアメリカン航空だったけど、リオ→ダラス間は爆睡。機体が古く、スマホが充電できなかったのが、ちょっと痛かった。
ダラスでの24時間滞在中に何をしたのかは、コチラコチラをどうぞ~。

そして、何食いただいたのかわからない機内食、一番美味しかったのは、意外にも最後のフライト=アメリカン航空のダラス→成田=に出た最初の食事でした。
前菜の生ハムとメロン、海老とホタテのインド風(?)カレー、メニューが単に好みだったということもあるのだろうけれど、ごちそうさまでした!
9meal.jpg 10meal.jpg

前週に弾丸LA&SD旅行をしてたことも加わって、さすがに疲れました・・・

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 2

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/680-731c8008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダラス&フォートワース観光(その1) シックス・フロア・ミュージアム他

【ダラス&フォートワース観光(その1) シックス・フロア・ミュージアム他】 リオデジャネイロからのフライトで、ダラス・フォートワース空港に到着。 せっかく土曜日でお休みだし、、、ということで、疲れてはいるけれども、元気を出してお出かけ♪ 早朝だったため、いったん空港ホテルの近くに荷物を預け、公共交通機関を使うべく再び空港へ。 空港からはバスを乗り継いで(詳細はこの下の追記:【...

Small Talk 2 | 2014/03/01 21:35

ダラス&フォートワース観光(その2) フォートワースのストックヤード

【ダラス&フォートワース観光(その2) フォートワースのストックヤード】 フォートワースのダウンタウンからバスに揺られて30分、カウボーイの世界、西部劇の世界がそのまま残るストックヤード(Stockyards)にやってきました! 週末の夜にはロデオなんかも開催されているらしい・・・楽しそう!   観光客用の馬車もなんかちょっと本格的?ロングホーン(後述)に乗った男の子、ご機嫌でし...

Small Talk 2 | 2014/03/01 22:04

page top

2017-07