Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

バルト&アイスランド旅行:食事&おみやげ編 

2013/09/16
Mon. 09:42

【バルト&アイスランド旅行:食事&おみやげ編】


旅行中に食べたものを一部紹介。一人旅だと食事(特にディナー)でレストランに入りづらく、しかも今回は夕方~夜にかけての移動が多かったので、ちゃんとしたレストランでまともに食事をしたのは1食のみ・・・

meal-1.jpgmeal-2.jpgタリンでのランチ。
旧市街のカフェで、サラダランチとビール。
エストニアはバルト・ドイツ人の影響からか、歴史あるビールが数多くあるとのこと。この“saku”というラガービールが一番メジャーなもののようだった。クセがなく飲みやすい感じで、日本のラガービールと味は似ていたように思う。

リガでのディナー。
ラトビアのお酒5種類が少しずつ飲めるという観光客向けのセットをオーダー。
それぞれの量は多くはないけれど、アルコール度数がどれも高く(25~40度)甘いお酒なので、これは一人でなく何人かで頼んでワイワイやるものなんだろうな・・・
4種のお酒は、ラトビアの薬草酒ブラック・バルザム、MOKAというコーヒーリキュール、クランベリーのリキュール、そしてキャラウェイ(セリ科)のリキュール。
meal-3.jpg meal-4.jpg
ラトビアでは、ライ麦入りの黒いパンが主流。メインは魚のソテーにしてみたけれど、うーん、ちょっと生臭い感じがした。肉にすればよかったなー。
meal-5.jpg meal-6.jpg

ここからは、アイスランドでの食事。
バスツアーに参加し、ランチは観光地の施設で食べてばかりだったので、華やかさは一切なし。
羊の肉がたっぷり入ったスープに、魚介のスープ。寒いので温かいスープは美味しかった。
meal-7.jpg meal-8.jpg
手軽なヌードル・スタンドでの食事。辛めのフォーといったところか。不味はないけれど、これで1,000円はちょっと納得いかない、まぁ物価は全体的に高かったのだけれどね。
meal10.jpg meal-9.jpg
ハットルグリムス教会のすぐ近くにあるカフェでの食事とデザート。
アイスランド産のヨーグルト(正確にはチーズ)、スキールのケーキ。スキールは濾過することで乳清が取り除かれたヨーグルト(チーズ)のこと。
meal-10.jpg meal14.jpg

meal12.jpg meal-13.jpg

black death↑右は、このカフェの名物プレートで、アイスランドの伝統的なお惣菜を、ライ麦パンのオープンサンドにしたもの。ニシンと卵、マッシュされた魚のすり身。さすが、漁業の盛んなアイスランド。
こちら(←)はアイスランドの“Brennivín”というお酒で、英語ではBlack Deathと呼ばれているもの。ウォッカに似ていて、アルコール度数は35度以上。
ゲストハウスのオーナーが、サメのおつまみ(サメの肉をサイコロ状にして冷凍したもの)とともに振る舞ってくれたのだけれど、「この酒はイッキに飲み干すものだ!」とのことで、ワタクシもイッキに飲み干してみた、喉、遅れて胃の中がカーッと熱くなった。

こんなお酒が普通に飲まれていたのに、なんとアイスランドでは、1989年になって初めてビールが解禁されたのだという。アルコール度数は問題ないってことなのね???
今ではアイスランド産のビールもいくつかあり、↑左のVikingもそのひとつ。

アイスランドでの最終日はちゃんとしたレストランでグリル料理をガッツリ食べようと思っていたのだけれど、お目当てのお店は予約で満席。あぁ、土曜日だったわ、残念。

今回の旅行で一番おいしかったのは、アイスランドの澄んだ空気だったのかも。



続いてはおみやげ編。
といっても、またまた観光で忙しく、ほとんど(いや、まったく)買い物はしなかったんだけれども。。。

ばらまき用のおみやげは、リガで調達した小さな瓶に入った蜂蜜(↓左)、LAIMA(ライマ)というラトビアのチョコレート・メーカーのチョコレート(↓右)。
蜂蜜はいろいろな種類があり、味見をしてから選んだもの。
チョコレートの中には、ラトビアの薬草酒ブラック・バルサムが使われているものを多く選んだ。
honey.jpg lima.jpg


magnets.jpg自分へのみやげは、毎度ながらのマグネット。
タリンの旧市街、リガの猫の家(琥珀が使われている)、アイスランドは島の形をしたもの。
ヘルシンキでは気に入ったものがなかったし、ちょこっと寄っただけだったので購入せず。
coins-isk.jpgこちら(←)は記念にはせず、残ったコインは寄附ボックスに入れたのだけれど、アイスランドのコイン。
コインの模様がすべて魚で(写真にはないけど蟹のようなものも見かけたかも)、かなり新鮮だった。


しかし、本当に何も買っていないワタクシ・・・今度は買い物旅行にでも行きますか?!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/654-afbc6dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08