Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【バルト&アイスランド旅行:6日目 アイスランド南部】


さて、今日から3日間はアイスランドの自然を堪能すべく、レイキャビク発のバスツアーに1日1つずつ参加する予定。
各ポイントを訪れる方法としては、個人観光客は、レンタカーを借りて自分で運転するか、ツアーに参加するか、二者択一を迫られる。その分、大手から中小規模なところまで、旅行会社がさまざまなツアーを運営している。

day6-1.jpg今日は、ネット上のクチコミで評判の良かった旅行会社 Iceland Horizonの、『The South Shore』という南部の海岸を訪れるツアーに参加。
10名弱の小グループだったのだけれど、そのうち4名はドイツからクルーズ旅行中の家族だった。アイスランドにクルーズ船が立ち寄るのは、今シーズンでこれが最後だとのこと。クルーズ旅行、憧れるなぁ・・・。

最初に訪れたのは、セーリャラントスフォスの滝(→、↓。ちなみに、“フォス”は滝の意)。
高さは40メートル、決して大きくはない滝ながら、ここは滝の裏側を手軽に歩くことができるので、観光客には人気のスポット。
滝の水しぶきに加え、雨も降りだし、全身びしょ濡れになってしまいかなり寒かったけど、いい想い出にはなった
(※ワタクシは、滝の裏側を歩くのは人生2度目。最初はギアナ高地のサポの滝、ここは規模が大きく水着じゃないと無理!)

day6-2.jpg day6-3.jpg

続いて訪れたのは、ブラックサンド・ビーチ(↓)。
砂が黒いのは、玄武岩質であるため。
day6-4.jpg
このビーチのすぐそばには、このような岩山と洞窟(↓)も見られた。
day6-5.jpg

このブラックサンド・ビーチから少し走ったところで、ランチ休憩。
休憩したレストランからは、遠くにこの黒い浜と、レイニスドラゥンガルと呼ばれる奇岩が見えた。
day6-6.jpg
レイニスドラゥンガルには、2匹の妖精が3本マストの船を引っ張っている途中、日が暮れてしまい岩になってしまった、という伝説があるとのこと。
day6-7.jpg

続いて訪れたのは、ミールダスヨークトル氷河の南西端にあるSolheimajokull(・・・読めません。ちなみに、“ヨークトル”は氷河の意)
1時間ほど自由行動があり、散策をしたのだけれど、散策を初めて数分後には、ラッキーなことに雨が上がって、虹が出てきた!!
day6-8.jpg
氷河の氷を実際に触れるなんて感激♪
day6-9.jpg
このツアーでは氷河の上を歩くことはできないけれど、特別な装備を借りて氷河の上をトレッキングしたり、スノーモービルで氷河の上を疾走できるツアーなどもあるようだ。
day6-10.jpg

最後に訪れたのは、スコゥガフォスの滝(↓)。
高さは約60メートル、幅は約25メートルほど。
滝の近くに階段が設けられていて、滝を上から見ることができる展望台が設けられている。
day6-11.jpg

こちら(↓左)がその展望台からの眺め。展望台まで上がるのは、けっこう疲れるので、その疲れが吹っ飛ぶ絶景を期待していたんだけど、ちょっと期待値が高すぎたか(苦笑)。
でも、その後タイミングよく晴れてきて(しつこいけれど、アイスランドの天気は本当に変わりやすい!!!)、水しぶきによってかかった虹(↓右)が見え、再び元気をもらった。
day6-12.jpg day6-13.jpg

この後は一路、レイキャビクへの道を走る。
途中、家畜の羊や馬がたくさんいた。車窓から見ているせいもあるだろうけれど、羊の毛がみんなキレイで、そしてあったかそうだった(←自分が寒い思いをしたので余計に)。

地球、自然の不思議をいっぱい感じられ、大満足のアイスランド(実質の)初日でした。
明日は、ゴールデンサークルを訪れます。

.
【旅する人への参考情報】

 フード付のウインドブレーカーorゴアテックスなどのレインフェアは必携。真夏でなければ気温が低いので、天気が悪い時は、レインウェアーの下(ズボン)も履いておいてよいかもしれない。靴下もすぐ乾くものが望ましい。

 Iceland Horizon(リンク:http://www.icelandhorizon.is)のツアーは、最少催行人数が4人。ゴールデンサークルのツアーは問題ないことが多いようが、その他は催行されないこともあるので、前々日くらいに確認するほうがよい。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/650-eec91892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09