Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【バルト&アイスランド旅行:5日目(その1) ヘルシンキ】
ヘルシンキ → レイキャビク国際空港 → ブルーラグーン → レイキャビク


本日の予定は、午前中にヘルシンキをちょこっと観光し、その後いよいよ、今回の旅の最終目的地であるアイスランドへ。

これまで晴天に恵まれてきたけれど、この日は曇天でパラパラ雨も降ってきた。
こちら(↓左)は、地下鉄カイサニエミの駅を降りてすぐ、アテネウム美術館。ヘルシンキの中心地はトラムがたくさん走っていた。トラムの色が町並みに合っているなぁと思いつつ見ていた。
day4-1-1.jpg day4-1-2.jpg

エスプラナディ通りの緑道(↑右)を歩いて、港の近くのマーケット広場には、ベリー類を売っているお店が目立った。もちろん、ムーミン・グッズも♪
day4-1-3.jpg day4-1-5.jpg day4-1-4.jpg

day4-1-6.jpgてくてく歩いて、正教会のウスペンスキー大聖堂へ。
少し高い場所にあり、ヘルシンキの町を見下ろすような感じがする。ロシア皇帝がフィンランドを治めていたころに建設されたもの。
この教会には入場するつもりだったのだけれど、なんと閉まっていた(理由は不明)。残念、無念。
ちなみにこの大聖堂の前で個人旅行の日本人観光客に遭遇。これまでほとんど会わなかったただけに、日本語がなんだか懐かしい(?)。直行便のあるヘルシンキだったら日本から訪れる人も多いのね・・・ワタクシ個人的には、町の魅力度は、断然タリンやリガの方が高いと思うけど・・・

day4-1-7.jpg
気を取り直して、次は元老院広場とヘルシンキ大聖堂へ。
(この写真が青空なのは、午後に雨が上がって晴れてからもう一度ここを訪れたため。曇天のもとだと、ヘルシンキ大聖堂の白さが映えず絵にならない)。

ヘルシンキ中央駅(↓左)の前を通り、さらに歩いて、岩の教会として有名なテンペリアウキオ教会(↓右)へ。
day4-1-8.jpg day4-1-9.jpg
この教会は観光スポットとしても人気なので、多くの観光客が訪れていた。
岩肌がむき出しになっている部分と、ガラスがはめ込まれた部分と、木目が美しい天井と、うまい具合に調和していていい雰囲気。カメラを構える観光客がこんなに多くなければ、心穏やかになれる場所なんじゃないかなぁ・・・(ワタクシもバシバシ写真を撮っていたので他人のことは何も言えません・・・)。
day4-1-10.jpg day4-1-11.jpg

次は、ショッピングセンターの近くにあるカンピ静寂の礼拝堂(↓)へ。
教会区や宗派などには関係なく、人が心安らかになれる場所を目的として建てられたものだという。
デザインに詳しいわけでもなんでもないけど、いかにも北欧というシンプルで洗練されたデザイン。
先客が一人いて、かなり長い時間、ここで時間を過ごしていたようなのだけれど、歩くたびに雨で濡れたスニーカーの底が床との摩擦で音を立ててしまい、ちょっと申し訳なかった。
day4-1-12.jpg day4-1-13.jpg

地下鉄に乗ってハカニエミ駅で下車。映画『かもめ食堂』で有名になったハカニエミのマーケット(↓左)を覗いてみる。
思っていたよりもずっと小さくて(リガの中央市場が大きかっただけに余計)、正直なところ拍子抜け。
ここで見つけたワタクシのお気に入りは、わりとリアルな魚のぬいぐるみ(↓右)。
day4-1-14.jpg day4-1-15.jpg day4-1-16.jpg
2階には日本でも人気のマリメッコのアウトレットショップがあったり、カード屋さんや毛糸屋さんなどがあったりするので、何の目的もなくぶらぶらする程度ならまあまあ楽しめるかな?
day4-1-17.jpg day4-1-18.jpg day4-1-19.jpg
このマーケット内にあるスープ屋さんでランチ(↑右)。日本のガイドブックにも載っているお店だけと、観光客だけでなく地元の人も、ひっきりなしに訪れていたので、人気店なのだろう。
オーダーしたシーフードスープは、魚介がたくさん入っていてなかなか美味しかった。

以上でプチ・ヘルシンキ観光は終了。
再び空港に向かい、15時30分発のAY6816便で、アイスランドの玄関、レイキャビク国際空港へ。

5日目(その2)へ続く。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/648-08a0ae82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06