Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【バルト&アイスランド旅行:4日目(その2) リガ】
リガ → ヘルシンキ


リガ旧市街にある広場のひとつ、リーヴ広場(↓)に到着。
緑が多く、カフェやレストランなどが並んでいてなかなか賑やか。観光案内所もこの近くにある。
day3-2-1.jpg day3-2-2.jpg

リーヴ広場に面した黄色い建物は、“猫の家”と呼ばれている。
屋根の上に猫がいるからだが、以前はこの猫は反対の方向を向いていたという話がある。
ラトビア人であることを理由に、十分な資格がありながらギルドへの加盟を拒否されたラトビア人の裕福な商人が、猫のお尻をギルド会館側に向けて取り付けたのだという。これに気を悪くしたギルドに対し、この商人は、「ギルドは規則を持っているのに守らない。猫には規則などないのだから、勝手じゃないか!」と答えたのだという。が、その後ギルド会館はコンサートホールに代わり、音楽に誘われて猫は向きを変えた、とのこと。
day3-2-3.jpg day3-2-4.jpg

少し歩いて、市庁舎広場(↓左)と市庁舎(↓右)へ。
day3-2-5.jpg day3-2-6.jpg
day3-2-7.jpg市庁舎広場の正面には、リガ創設800年を記念して、2000年に再建された独特な外観を持つブラックヘッドの会館(↓)がある。
オリジナルは15世紀から増改築が繰り返されていたけれど、1941年のドイツ軍による空襲で破壊されてしまったのだという。
外壁には大きな時計があり、時計の下にはハンザ同盟都市、リガ、ハンブルク、リューベックとブレーメンの紋章のレリーフやギリシャ神話の神々の像が置かれている。
内装も豪華らしいのだけれど、現在はリガ城の工事のため大統領官邸がここに移ったため、非公開。

こちら(↓左)は、聖ヨハネ教会
通りに面した教会の壁に、こんな(↓中央)飾りがあるのだけれど、これは修道士の顔とのこと。この顔の裏側(教会内部)に、小部屋があり、ここから外に聞かせるために説教がおこなわれたのだという。
聖ヨハネ教会の向かいには、ブレーメンの音楽隊の像がある(↓右)。ブレーメンとリガは姉妹都市なんだとか。
day3-2-8.jpg day3-2-10.jpg day3-2-9.jpg
day3-2-11.jpg続いては、聖ヨハネ教会のすぐ近くにある聖ペテロ教会(←)。
リガ旧市街で最も高い約123メートルの塔を持ち、リガに来たからにはここからリガの町を一望しないと始まらない!というくらいの観光スポット(エレベーターで上がることができる)。塔のてっぺんには雄鶏が飾られており、教会内部には先代の雄鶏も展示されていた。
day3-2-12.jpg


聖ペテロ教会の塔の上から見たリガ旧市街の町並み。タリンの街並みより、賑やかでポップな印象。
day3-2-13.jpg


こちらは、スウェーデン門(城門)と城壁
リガも昔、18世紀までは城壁に囲まれた町だったとのこと。それら城壁は、他の建築物の建材に再利用されたとのこと。大都市として発展したがゆえに、城壁が失われていったのだろう。
day3-2-14.jpg day3-2-15.jpg

day3-2-20.jpgこちらは(←)、“三人兄弟”と呼ばれる中世の住宅。15世紀の住宅で、タリンの“三人姉妹”とだいたい同じような時期のもの。こちらの“三人兄弟”のほうが大きさに差があり、長男・次男・三男の区別がつきやすい(笑)。

こちら(→)は、聖ヤコブ教会。13世紀には存在していた古い教会。尖塔の高さは約80メートル。
day3-2-21.jpg


day3-2-17.jpg day3-2-18.jpg続いて訪れたのは、火薬塔(←)。オリジナルは14世紀に建てられ17世紀半ばに今の姿となったとのこと。現在は、ラトビア軍事博物館になっている。
入場料が無料だったので入ってみたところ、無料とは思えない充実の展示ぶりに驚いた。
さまざまな戦争に巻き込まれ、そのたびに支配者が変わり翻弄されてきたラトビアなだけに、展示が充実してしまったのかもしれない。
ロシア、ソ連との関係からか、日本に言及しているところもあり、なんとメッセージがたくさん書き込まれた日の丸が展示されていた。これは、第二次世界大戦中にサハリンで勤務していた医師が、日本人拘留者から受け取ったものだという。

day3-2-19.jpgそろそろ時間になったので、リガの観光はこれにて終了。
ホテルに預けた荷物をピックアップ。バスに乗ってリガの空港へ。旧市街の南にあるバス停から空港までは30分ほどで到着。バス運賃も0.7ラッツ(=1ユーロ)と激安。

リガ空港はこじんまりしていて、近距離のフライトが多いようだった。
ワタクシが乗ったのは、17時30分発のAY2126便、ヘルシンキ行き。
一応フィンエアの運行ということだったけれども、、FlybeというLLCの飛行機(→)。実は、最近は海外3回+国内2回のペースで飛行機に乗って旅をしているワタクシですが、初めてのLLC利用でした。
1時間ほどの短時間フライトなら、LLCでもまったく問題はないように思うけど、長時間はどうだろう?3時間くらいが限界かも?

ヘルシンキ到着後は、初日に乗った615番のバスに乗って市内へ。
明日の午前中、ヘルシンキの町をちょこっと観光予定だったので、24時間有効のチケット(12ユーロ)を購入した。

明日はいよいよ、アイスランドへ移動します


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/647-bcb6c748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04