Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【7日目(その2):ブダペスト・王宮周辺とゲッレールトの丘】


【7日目(その1)】からの続き

psh-7-2-0.jpgデアーク広場近くのバス停から、16番のバスに乗って王宮(の丘)へ。王宮(の丘)へ行く方法としては、くさり橋をブダ側に渡ったところからケーブルカーに乗る、ケーブルカー乗り場から歩く、という方法もあったのだけれど、今日はこれからたくさん歩きそうだったので、体力温存のため、丘の上まで直接運んでくれるバスを利用した。

“王宮(の丘)”というのは、王宮そのものだけを指す呼び名ではなく、ひとつの町のようになっていて、ホテルやレストランなども立ち並んでいる(←)。
雨が降ってきたこともあり、雨宿りがてら、観光前に王宮(の丘)にある老舗のカフェでランチ(【食事&おみやげ編】へ)。


雨が上がったので観光開始(食べ終わったら止んだ・・・グッドタイミング!)。
まずは、三位一体の像(↓左)のある三位一体広場周辺。この三位一体の像は、中世に猛威を振るったペストが収束したことを記念して造られたのだという。
その広場に面してある、高い尖塔をもつ立派な教会が、マーチャーシュ教会(↓右)。
ハプスブルク帝国の皇帝フランツ=ヨーゼフとその皇妃エリザベートが戴冠式をおこない、そのためのミサをリストが作曲・演奏の指揮もしたという、由緒正しい教会で、ブダペストのMUST SEEの一つ。
psh-7-2-2.jpg psh-7-2-1.jpg
屋根のタイルにはジョルナイの陶器が使われていて(↓左)、なかなかキュート♪
オスマン帝国支配下にある時代には、モスクとして使われたという歴史もあり、内部はちょっとオリエンタルというか、ビザンチン的な色使いがされている(↓)。
psh-7-2-3.jpg psh-7-2-4.jpg

psh-7-2-5.jpg psh-7-2-6.jpg psh-7-2-7.jpg
教会内部には博物館も併設されていて、国会議事堂にホンモノが展示されていた王冠のレプリカも展示されていた。

続いて訪れたのは、漁夫の砦(↓)。砦の前には、堂々たる聖イシュトヴァーンの騎馬像が置かれている。
砦といっても、戦争のために造られたものではなく、町の美化のために造られたもの。
ここは、ドナウ川の対岸のペスト地区を見渡せるビューポイントになっていて、多くの観光客が訪れるスポットになっている。
psh-7-2-8.jpg psh-7-2-9.jpg


psh-7-2-10.jpgくさり橋と聖イシュトヴァーン大聖堂
psh-7-2-11.jpg国会議事堂
psh-7-2-12.jpgドナウ川にかかるエリザベート橋(手前の白い橋)と自由橋(奥の緑色の橋)

雨上がりの曇天なのがやや残念だったけど、ブダペストが“ドナウの真珠”と讃えられるのも納得の眺めだった。

続いて訪れたのは、王宮(↓)。
王宮は増改築が繰り返されているのだけれど、その一部の建物は、現在、国立美術館になっており、ハンガリーの画家、彫刻家の作品が集められ展示されている。19世紀の美術が非常に充実していた。
psh-7-2-13.jpg psh-7-2-14.jpg

夕方近くになったので、ゲッレールトの丘へ移動。
トラムとバスを乗り継いで行くこともできるけれど、バスを降りてもけっこう歩く必要があるので、ここは効率を考えタクシーで移動。4,000フォリント(1,800円)くらいだった。

このゲッレールトの丘は、ドナウ川の両岸がいっぺんに見られるビュースポット。
昼間は曇りがちな天気だったけど、夕方にはずいぶん晴れ間もでてきたので、きれいな夕焼けが見えるかな~などと期待しつつ。

ゲッレールトの丘にそびえる女性像(↓左)と、ピンク色に染まる建物がなかなかステキな夕景(↓右)。
psh-7-2-17.jpg psh-7-2-16.jpg


psh-7-2-18.jpg灯りが点り始めたところ。
psh-7-2-19.jpgくさり橋(奥)と王宮、自由橋(手前)。

この写真は、ツィタデラと呼ばれる要塞に上がって撮ったもの。要塞に上ったほうが視線は上がるのだけれど、電燈などもあるので、夜景を撮影するにはイマヒトツかもしれない。

帰りはタクシーがいなかったので、自由橋のたもとまで歩いたのだけれど、日が暮れてから歩くとびっくりするくらい真っ暗な道で、標識などもなく、ちょっぴり怖かった。とはいえ、昼間は気持ちの良い散策コースなのかもしれない。

この後、フォアグラのディナー(【食事&おみやげ編】へ)をとって、盛りだくさんの7日目終了。
明日も、ブダペスト観光です。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 2

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/623-c52ec317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中欧3カ国(ポーランド・スロバキア・ハンガリー)世界遺産旅行:7日目(その1)

【7日目(その1):ブダペスト・国会議事堂と聖イシュトヴァーン大聖堂】 ブダペスト観光初日、まず訪れたのは、国会議事堂(←)。 現役の国会議事堂なので、内部を見るために...

Small Talk 2 | 2013/05/13 23:17

ウィーン&ザルツカンマーグート旅行:2日目(その2)

【ウィーン&ザルツカンマーグート旅行 : 2日目(その2)】 (ウィーン) トラムに乗って、ベルヴェデーレ宮殿(↓)へ。 この宮殿は、18世の墺土戦争の英雄プリンツ・オイゲンの夏の離宮として建てられたもの。ベルヴェデーレとは、「良い眺め」という意味で、小高い場所にある上宮からは、ウィーンの街並みが良く見える。 広い庭園を挟んで、上宮(↓)と下宮があり、この上宮は美術館になっていて...

Small Talk 2 | 2015/08/22 20:08

page top

2017-05