Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【2日目(その3):ヴィエリチカ岩塩坑】


【2日目(その2)】からの続き

psh-2-3-1.jpg続いては、クラクフから出ている現地バスツアーに参加して、世界遺産・ヴィエリチカ岩塩坑へ。
ヴィエリチカ岩塩坑は、13世紀から1950年代まで稼働していた世界有数の規模の岩塩採掘場
深さは地下 327メートル、全長は300キロメートル以上に及ぶという。
その一部が観光客向けに開放されてり、こちら(←)が受付・入口になっている。
坑道は複雑に入り組んでいるため、個人で勝手に観光することはできず、必ずツアーに参加することになっている。世界遺産だけあって、英語はもちろん、フランス語、ドイツ語、イタリア語など各国のガイドが用意されているようだった(日本語はナシ)。

ツアー開始後しばらくは、木製の階段を延々と下る。ガイドが、「ご心配なく。帰りはエレベーターがありますから!」と何度も説明していた。確かに足腰の弱い人は不安になるくらい、とにかく地下へ地下へと階段を下りた。
壁や天井には、塩の結晶が溶け出していて、カリフラワーのようになっているところや、鍾乳石のようにつらら状になっているところなどもあった(↓)。
psh-2-3-2.jpg psh-2-3-3.jpg

psh-2-3-4.jpg炭坑で働いていた人の様子を再現した展示も多かった。この岩塩坑の動力は、馬と人間。馬は貴重な労働力として、大事にされたという。
ガイド曰く、ここで働く人たちは、仕事の内容、危険度にかかわらず、賃金は一律だったとのこと。賃金水準自体は高かったけれど、それでも体力的にもきつく、また危険な仕事も多かったようだ。
psh-2-3-5.jpg

psh-2-3-6.jpg採掘された後に空いた空間には、岩塩で造られた像などもたくさん並んでいた。こちら(←)はポーランドの歴史上、名君とされているカジミエシュ王の像。こちら(→)は、働く妖精たち(?)、ゴブリンのように見えた。
その他、ここを訪れたと言われるゲーテや、ポーランドが生んだ天才コペルニクスなどの像もあった。
psh-2-3-7.jpg

psh-2-3-8.jpgこちら(←)は、この観光ツアー最大の見どころ、聖キンガ礼拝堂
かなり広い空間で、シャンデリアがいくつもぶら下がっていた。ちなみにこのシャンデリアも、岩塩でできている。

下(↓)は、壁に彫られたキリスト誕生のシーン。赤子のイエスは、ピンク色の岩塩で造られている。
ガイド曰く、このピンク色の岩塩はポーランド産のものだけれど、ここヴィエリチカで観光客向けに売られている岩塩のおみやげでピンク色のものは、実はパキスタン産のものなんだとか。

psh-2-3-9.jpg psh-2-3-11.jpg

psh-2-3-10.jpgこちら(←)は有名な、岩塩製の『最後の晩餐』
良くできてますね~。

この後もツアーは続き、ガイドから、第二次世界大戦中、この岩塩坑を占領したドイツが、ここを軍事物資の工場としても使用したとの説明があった。労働者はポーランド人なので、ドイツ軍に抵抗し、塩分のせいで不具合が多くなるという言い訳をして、工場としてはまともに機能しなかったらしい。

psh-2-3-12.jpgツアーの最後には、おなじみの世界遺産マーク。もちろん岩塩製。

ツアーの道先案内人(?)のパネルで、写真撮影。
今回は一人旅なので自分の写真はほとんどなく、これはかなり貴重な一枚(笑)。
psh-2-3-13.jpg


ツアー自体は2時間程度。けっこう歩くし、滑るところもあるので、歩きやすい靴で行くのがオススメ。
あと、岩塩坑内は地中深いこともあり、気温は年間を通して14℃程度で安定している。
ヴィエリチカの塩を使ったコスメ、バスソルトなどのおみやげものもたくさん売っていたけれど、まだ旅行は始まったばかりなので何も買わず。ちょっと重いけど、バスソルトはばらまきみやげにちょうどよさそう。

ツアー終了後は、再びクラクフに戻り、旧市街を散策。
そちらの模様は、【2日目(その2)】へ。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/614-7648041f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中欧3カ国(ポーランド・スロバキア・ハンガリー)世界遺産旅行:2日目(その2)

【2日目(その2):クラクフ・旧市街】 【2日目(その1)】からの続き 続いては、クラクフの旧市街を散策。こちらはクラクフの町並み。 クラクフには、第二次世界大戦中に

Small Talk 2 | 2013/05/19 22:23

page top

2017-08