Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【2日目(その1):クラクフ・ヴァヴェル城、聖マリア教会】


さて、昨日は移動日だったので、今日が実質初日。
あいにくの曇り空、気温も低めで肌寒く、ちょっぴり残念なお天気(でも辛うじて雨は降っていない)。
まずは歩いてヴァヴェル城に向かった。
城壁沿いの道を歩くと、至る所で工事をしていて砂埃がすごくて、「なんだか風情がないなぁ・・・」と思っていたのだけれども。インフォメーション・センターでチケットを買って、入った方と反対側の出口を出ると・・・

おぉっ!なんと素敵なお城!!!と一気にテンションが上がったpsh2-1-2.jpg

ヴァヴェル城の敷地内に入るのは無料なのだけれど、中の展示を見るのはそれぞれチケットを購入する必要があり、インフォメーション・センターで購入できる(ヴァヴェル大聖堂は別)。
各施設に入場できる人数が決まっていて、チケット(↓左)に指定された入場時間が印字されており、受付で丁寧に回る順番も教えてくれた。
ワタクシが購入したのは、
1) 王宮の展示(State Room)
2) 王族の私室(Royal Private Apartments / ガイドツアーに参加しなければ入場できない)
3) 宝物・武具博物館(Crown Treasury and Armoury)
4) ヴァヴェル城遺構(Lost Wawel)
5) レオナルド・ダ・ヴィンチの『白貂を抱く貴婦人』の絵画鑑賞

5)のダ・ヴィンチの作品は、通常展示されているチャルトリスキ美術館が改装中のため、ヴァヴェル城の王宮内に展示されているもの。ダ・ヴィンチの描いた肖像画は世界で3枚しかないといい、これはその1枚。
psh-2-1-1.jpg psh-2-1-3.jpg
最初に訪れたのは、ヴァヴェル城遺構(↑右)。発掘された10世紀のヴァヴェル城(当時もそう呼んだのかは不明だが)の様子が展示されていた。

続いて訪れたのは、ダ・ヴィンチの『白貂を抱く貴婦人』の展示室。
この1枚の絵だけが展示されていて、その特別扱いぶり(?)にも驚く。ダ・ヴィンチって、やっぱり大天才だし、絵の良し悪しは正直よくわからないけれども、とにかくものすごく貴重な作品なんだろうなぁ・・・などと思って5分くらい眺めていた。

次に訪れたのは、旧王宮(↓左)の中にある、1)王宮の展示、ガイドツアーに参加した2)王族の私室。ガイドツアーは45分、残念ながら写真撮影は厳禁でした。
ルネサンス時代の家具や調度品、絵画のほか、ゴージャスなフランドル産のタペストリーが大量に飾ってあった。これらは第二次大戦中に他国に持ち去られたが、1961年にカナダからポーランドに返還されたのだという。
最後に訪れたのは、3)宝物・武具博物館。宝物では宝石がちりばめられた剣やマント、武具ではトルコのものが印象に残った。
psh-2-1-4.jpg psh-2-1-5.jpg
金色のドームが印象的な建物は、ヴァヴェル大聖堂(↑右)。日曜午前は観光客に開放されていないため、明日また改めて来ることに(その模様は、【3日目(その1)】へ)。

ヴァヴェル城の観光を終えた後には、旧市街の中心に位置する聖マリア教会(↓)へ。
この聖マリア教会は、1222年に造られたゴシック様式の教会。
psh-2-1-6.jpg psh-2-1-7.jpg
psh-2-1-8.jpgこの教会の最大の見どころは、15世紀に作られたファイト・シュトースの祭壇画。現在は国宝にしていされている。
中央の下部には、十二使徒に見守られ永眠するマリア、その上部には昇天するマリアが描かれ、扉を開いた左右には、受胎告知、キリストの降誕、東方の三博士、キリストの復活、キリストの昇天、聖霊の降下のシーンがそれぞれ描かれている。
psh-2-1-9.jpg上部には、聖母の戴冠のシーンの彫像。

10年ぶりに訪れたこともあり、“ザ・ヨーロッパ”な教会を訪れるのも久しぶりだったので、ステンドグラスの美しさ、聖堂内の荘厳さに圧倒されてしまった。
psh-2-1-10.jpg psh-2-1-11.jpg

【2日目(その2)】へ続く

= 旅する人への参考情報(すべて2013年4月28日現在)=

★ヴァヴェル城★


どの各施設を訪れるのか、各施設の開場時間、チケットの買い方など、ヴァヴェル城の公式ホームページ(英語): http://www.wawel.krakow.pl/en/ を事前に確認してから行くほうがよい。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/612-6d79da5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中欧3カ国(ポーランド・スロバキア・ハンガリー)世界遺産旅行:2日目(その2)

【2日目(その2):クラクフ・旧市街】 【2日目(その1)】からの続き 続いては、クラクフの旧市街を散策。こちらはクラクフの町並み。 クラクフには、第二次世界大戦中に

Small Talk 2 | 2013/05/19 22:23

page top

2017-08