Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

レ・ミゼラブル 

2013/01/14
Mon. 22:07

lesmiserable.jpg久しぶり(って2012年はまるまる書いてないから丸1年ぶり!!!)の映画感想エントリ。

『レ・ミゼラブル』(2012年/英国 原題:Les Misérables)を観た。

=ストーリー=

飢える家族のためにパンを盗み、19年間も獄中生活を送ったジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、ようやく仮釈放となったが、世間は冷たかった。耐えきれず教会から銀の食器を盗み捕まるが、司教はそれはジャン・バルジャンにあげたものだといい、さらに銀の燭台も差し出す。司教の寛容さに感動したジャン・バルジャンはそれから真面目に働き、マドレーヌと名前を変え成功を収める。
マドレーヌの経営する工場で女工として働くファンテーヌ(アン・ハサウェイ)は工場でトラブルをお越し解雇されてしまう。売春婦に身を落としたファンテーヌは病気で命を落とし、ジャン・バルジャンはその一人娘コゼットを引き取って育てることにする。
そんなジャン・バルジャンを、警官ジャヴェール(ラッセル・クロウ)は追い続け・・・

=感想(箇条書き)=

・ 観た人がみな絶賛するし、クチコミ評価も高かったけれど、ワタクシはそこまでスバラシイ!!!とは思えず。
ミュージカル映画は嫌いでも苦手でもないんだけれど、後半になると、もうおなかいっぱい、という感じ。舞台で観るのと違い、ずーっと大画面で登場人物のアップが多く、しかもそれぞれが全力で歌いっぱなしで、正直やや疲れた。

・ ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイは頑張っていたと思う。アン・ハサウェイは出番は少ない(短い)分、残した印象は強かった。彼女はいろんな役にチャレンジしてるなー。ラッセル・クロウの歌がけっこう上手くてびっくりしたけど、ジャベールはもっと迫力があるというか、低くドスの効いた声のほうがよかったかも。

・ 宿屋のテナルディエ夫人、ヘレナ・ボナム=カーターは存在感バツグン。ミュージカルでもそうだけど、彼女の出るシーンは笑いがあるからいいよねー、この作品、全体的には暗いし。

・ 後半のメインキャストの一人、マリウスを演じた役者さん(エディ・レッドメイン)がタイプじゃなかった。彼のアップでワタクシの疲労度はさらに増してしまった・・・


=評価=
★★★ (満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/583-f91bed39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05