Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

世田谷ボロ市 

2012/12/15
Sat. 16:10

数年前から東急電車の車内広告で気になっていた世田谷ボロ市に行ってきた。
世田谷ボロ市は、天正6年(1578年)に小田原城主北条氏政が、この地に楽市を開いたのが始まりで、400年以上の歴史を持つと言われている。

朝はまだ雨が降っていなかったので、東急世田谷線の上町駅から露店を冷やかしながらぶらぶら歩く。
招き猫、多肉植物、古着、ストラップ、古い時計、来年の正月用品、食料品など並んでいるものはかなり雑多。神棚なんかも売っていて、「これをここで買う人いるのかなぁ?」と思ってしまった。

代官屋敷(近江彦根藩世田谷領の代官だった大場氏の屋敷)と郷土資料館を覗いてみると、11時から始まる代官行列(市町代官見廻り)のキャスト(?)の方々の姿が。
せっかくだから、写真を一緒に撮ってもらった。
boroichi1.jpg boroichi2.jpg

boroichi3.jpgその後、世田谷ボロ市名物の代官餅を買いに行く・・・とまぁびっくり。かなりの行列ができていて、1時間弱は並ぶだろうとのこと。
代官餅は、からみ餅、あんこ餅、きなこ餅の3種類があり、いずれも600円。
11時からの代官行列にちょうど間に合うかどうか微妙なところだったけど、とりあえず、おしゃべりしながら並んでみることに。

50分ほど待っただろうか、11時ちょっと前に代官餅をゲットすることができ、そのまま代官屋敷のほうへ向かうと、代官行列を見ようと集まった人たちでごった返していた。

行列開始の合図として、代官屋敷の表門近くのくす玉が割られ、最初に登場したのは小学生の音楽隊、続いて中学生のブラスバンドも続き、その後江戸自体の装束を身に着けた人足、お代官様、名主、年寄などが登場(と言っても、人ごみであんまりよく見えなかったけど・・・)。

行列が行ってしまったので、手に入れた代官餅を食べる。つきたてのお餅はやっぱりおいしい
しかも、数は多くないけれど、テーブルとイス、お茶も用意されていた、ありがたい!
boroichi4.jpg boroichi5.jpg

ボリューム満点でおなかがいっぱいになったところで、再び露店をひやかす。
とはいえ、雨が少し強くなってきて傘をさしてしまったので、人ごみの中をふらふら歩くのはちょっと難しく、あまりゆっくりは見ていられなかった。

週末だったこともあり、ボロ市はかなり賑わっていた。
こういうローカルなイベント、けっこう楽しくて好きです

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/571-e075e675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08