Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(原題:Star Wars: The Clone Wars)のシーズン4、第15話~第18話を見た。

第15話 Deception / オビ=ワン暗殺
episode4-15.jpg
=あらすじ=
アナキンアソーカと共にジェダイ評議会に向かう途中、オビ=ワンがスナイパーに銃殺される。アナキンは、オビ=ワンの葬儀中、一言も発しなかった。しかし、このオビ=ワン暗殺は、ヨーダメイス・ウィンドゥが仕組んだ芝居で、オビ=ワンは整形手術を受け、そのスナイパー、ラコ・ハーディーンになりすます。ハーディーは間もなく捕まり刑務所に送られ、そこでパルパティーン最高議長暗殺を企むエヴァルに計画に加わる誘われ、彼の仲間である賞金稼ぎのキャド・ベインと共に刑務所を脱出する。


第16話 Friends and Enemies / 疑惑の賞金稼ぎ
episode4-16.jpg
=あらすじ=
ハーディーンに化けたオビ=ワンは、エヴァルらと行動を共にが、キャド・ベインからは疑われ、ハット一族に売り渡されてしまう。しかし、エヴァルらが逃げた船に発信機を付けていたため、すぐに彼らは捕えられ、再び3人は行動を共にすることとなる。
他方、師匠であり親友であるオビ=ワンが殺され、犯人が脱出したのに待機命令が出されていることに耐えられなくなったアナキンは、パルパティーンにその心情を吐露する。するとパルパティーンは、脱走囚3人がナル・ハッタという惑星にいると教え、アナキンアソーカと共にナル・ハッタに向かう。脱走囚3人は取り逃がすものの、いったんは彼らに追いついたアナキンは、オビ=ワンとのつながりを感じ、オビ=ワンがまだ生きていると確信する。


第17話 The Box / サバイバル・ボックス
episode4-17.jpg
=あらすじ=
脱走囚3人は、ドゥークーの待つ惑星セレノに到着。そこで、キャド・ベインハーディーンは、ドゥークーが開催する賞金稼ぎ選抜トーナメントに参加することになる。
エヴァルが設計したサバイバル・ボックスの試練を克服し、参加者たちを助けるハーディーンの能力を高く評価したドゥークーは、エヴァルに代わりハーディーンパルパティーン誘拐計画のリーダーにしようとするが、エヴァルを殺せなかったハーディーンではなく、キャド・ベインが誘拐計画の指揮を執ることになる。
他方、ヨーダアナキンを呼び、「オビ=ワンは生きている、オビ=ワンを信じて待つように」とアナキンを諭す。


第18話 Crisis on Naboo / 狙われた祭典
episode4-18.jpg
=あらすじ=
光の祭典に参加するため、パルパティーン最高議長が惑星ナブーに到着した。議長誘拐計画は実行されるが、ハーディーンに化けたオビ=ワンから情報が来ていたため、メイスらジェダイたちはその計画を阻止することに成功する。しかし、ハーディーンを疑っていたドゥークーは、さらに別の計画をもっており、パルパティーンアナキンが2人だけになったところを襲う。オビ=ワンが駆けつけ、なんとかその危機は脱するが、アナキンは、自分がオビ=ワンに信頼されていないという想いを抱いてしまう。


=感想(箇条書き)=

・ 丸坊主、髭なしのオビ=ワン、若いねわ~。(第15話)

・ 映画のエピソード3だけでは、ちょっと唐突な感じがしたアナキンとパルパティーン、アナキンとジェダイ評議会、そしてアナキンとオビ=ワンの関係、こういうことがあったという前提だと、すんなり受け入れられるかも?(第16話、18話)

・ ドゥークー、最初からベインをリーダーにしておけばよかったのに。エヴァルって優秀でもなんでもなさそう・・・(第17話)

・ 時間の制約もあったのか、光の祭典の描き方が物足りないというか、地味だったのが残念。パルパティーンがわざわざ出席しなきゃいけなかったのかしらね?(第18話)


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/562-120184f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07