Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

コララインとボタンの魔女(3D) 

2010/02/25
Thu. 10:52

『コララインとボタンの魔女(3D)』(2009年/米国 原題:Craline)を見た。
『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』の ヘンリー・セリック監督のストップ・モーションアニメ。

coraline_c1.jpgcoraline_o2.jpgcoraline_r3.jpgcoraline_a4.jpg
coraline_l5.jpgcoraline_i6.jpgcoraline_n7.jpgcoraline_e8.jpg

=ストーリー=

築150年の家に引っ越してきたコラライン(声:ダコタ・ファニング)は、両親が仕事で忙しく、かまってもらえない日々が続いていた。ある日、家の中を探検していると、小さな扉を見つける。その中に入ってみると、ママが朝食メニューの夕食の支度をしていた。「誰にでもみんな、もうひとりのママがいるのよ、コラライン」と話すその女性は、なんと目がボタンになっていた!

=感想(箇条書き)=

・もともと3Dは得意じゃないんだけど、ストップモーションアニメと3Dって合わないと思った。素朴なところがいい味なのに、機械的になってしまっていて。。。2Dで観たほうがヨカッタかも。

・家とか庭とか登場人物の表情とかすごく凝っていて、丁寧に作られている絵はよかったと思うけど(不気味なとこもキライじゃない)、ストーリーが退屈で(多少疲れていたこともあり)、途中かなりうとうとしてしまった

・目がボタンってとこは斬新な発想だと思ったんだけど、ストーリーにこの点がうまく活かされていなかったように思う。オープニングの、人形ができていく絵には、ワクワクしたんだけどなぁ・・・


=評価=
なし(睡魔に負けたため
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/56-b929e64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08