Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ヒューストンでの食事 

2012/10/12
Fri. 22:07

さて、ヒューストンで食べたものを一部紹介。

まず、米国で日本より美味しいもの選手権(?)をやったら上位の常連であろう、ハンバーガー
ヒューストンを拠点に、今では全米各地に展開している『Fuddruckers』という店に連れて行ってもらったのだけれど、ここはオススメ!!!期待を裏切ることなく、とっても美味しいハンバーガーが食べられました
肉のサイズは、1/3lb(1lbが453gなので約150g)、1/2lbから選べ=マックの“クオーターパウンダー”より大きいサイズがミニマムサイズというのもアメリカらしい!=、トッピングを選択。ワタクシは一番ポピュラーだという、“1/3lbのベーコン&チェダー”をチョイス。
ポテトの付くコンボだと食べきれないと聞いたので、ドリンクだけ頼んだところ、約10米ドル(でもラッキーなことにオーダーミスなのか、ポテトまで付いてきた!)。チェーン店にしてはやや高めだけど、その価値はある!
野菜はサラダバーのようになっており、自分の好きなものを好きなだけ取ることができ、それも非常に嬉しかった。
food1.jpg food2.jpg

続いてはメキシカン。性格にはいわゆるTex-Mexというジャンル。
お肉(チキンでなくもちろんビーフ)たっぷりのファヒータ、そしてフィッシュタコス
ファヒータのお肉はアメリカらしく焼き過ぎだったけど、塩コショウだけのシンプルな味付けがGood。下手にBBQソースとかかけられると大変なことになったりするしね(笑)。
food3.jpg food4.jpg

そして最後は、テキサスで旨いものNo.1、がっつりステーキでございます
ワタクシが滞在していたホテルから車で5分程度のところにある、『Brenner's Steak House』という店でいただきました。
10oz(1ozは28.35g)のCenter Cut Filet Mignon、焼き加減はミディアム・レア(アメリカでミディアム・レアと言っても日本でいうとミディアムだったりするけど、ここは大丈夫だった)、トッピングにワイルド・マッシュルームのソテーをオーダー(↓)。
food5.jpg food6.jpg
日本では脂が多くて280gの肉なんて食べられないけれど、こちらの赤身のお肉だと、ペロリと完食できるのだからオソロシイ(一緒に行った人たちに、「よく食べるね」とは言われましたが)。
いやいやホントに、お肉は総じて美味しかったです
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/557-f157e088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06