Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

高知ミニ旅行(2日目・後編) 

2012/06/10
Sun. 22:22

【2日目(後編):オーベルジュ土佐山】


市内から車で30分ほど走り、山の中腹にあるオーベルジュ土佐山に到着。↓左は駐車場の入口、↓右はオーベルジュへの入り口。モダンなデザインだけれども、山の中に入っていく感覚も味わえる。
tosayama1.jpg tosayama2.jpg

フロントとロビー(↓)。フロント横のショップでは、センスの良い小物が並んでいた(甥姪に龍馬グッズのみやげでも買おうかと思ってたんだけど、そういう類のものはなかった)。この時期でもロビーの暖炉横に薪が置いてあったけど、ディスプレイ?それとも朝晩は冷え込むことがあるのかしら?
tosayama3.jpg tosayama4.jpg

↓左はフロント奥にあるバー。フロントは2階にあり、1階にはテラス席も用意されていた。目の前に小さな棚田が見えて、なんとも微笑ましい。↓右はフロントから客室へ向かう途中。この棟にあるホテルタイプの部屋のほか、離れにあるロッジタイプの部屋もある。
tosayama5.jpg tosayama6.jpg

↓左は、部屋の名前の表示。「い」「ろ」「は」・・・と名前が付いており、ワタクシの部屋は「ぬ」。
tosayama7.jpg tosayama8.jpg

部屋からも深い緑が見え、とっても気持ちがいい!
良いお天気とはいえ、梅雨入り直後の山の緑は深く濃く、空気もとてもみずみずしい感じがした。

部屋に用意されていたコーヒーを飲んで、しばし、のーんびり読書タイムを楽しんだ後、オーベルジュの周りを散策。
このオーベルジュは小川のそばに建てられていて、その川に橋がかかっている(ワタクシたちの部屋からこの橋がよく見えた)。
↓左の写真、左からオーベルジュのお風呂(温泉)棟、フロント、バーのエリア、そして↓右がバーから客室のエリア。
tosayama9.jpg tosayama10.jpg

夕食の時間になり、1階のダイニングへ。
本日のディナーは、"流転"という会席。メインは、朝採れ野菜をたっぷり使った地鶏(土佐ジロー)のすき焼き~
tosayama11.jpg食前酒の、温州みかんと文佳人みかんリキュールと、先附の心太
心太は三杯酢に生姜がたっぷり入っていて、食欲増進効果抜群(笑)。
tosayama12.jpg前菜の、
須崎のうつぼと針生姜の水晶寄せ
土佐の珍味(ちゃんばら貝)美味煮
土佐山名物四方竹ピリ辛炒め
ほうれん草の白和え・スモークサーモン添え、
苺の寒天寄せ

(下部中央から反時計回り)。
どれもお上品で美味しかったけど、竹の子が柔らかく、ピリ辛具合もちょうどよく、特に印象に残っている。
tosayama13.jpg
続いて、お造りの、初夏のもち鰹。豪快に分厚く切ってある~!
和がらしと薬味のニンニクと一緒にいただくと、う、う、旨い!!!"もち鰹"とはうまく言ったもので、弾力があり、かつしっとりとした歯ごたえ。
この高知旅行で、たれのタタキ塩タタキと食べたけれど、この刺身がダントツに旨かった。
tosayama14.jpg預け鉢の、土佐山の婦人会、あじさい会がこしらえた野菜の田舎寿司。
見た目がとてもかわいらしく、手作りならではの優しい味。たくさん食べるとおなかいっぱいになってしまうので、少ししか箸をつけられず、なんとも申し訳ない気分。

そしてメインの、地鶏(土佐ジロー)の塩鍋。季節のオーガニック野菜もたっぷり。
写真を撮るのをすっかり忘れていたけれど、七輪も用意されていて、この地鶏と野菜を炭火焼で楽しむこともできた。
この土佐ジロー、これまでの人生で食べた鶏の中で、まちがいなく弾力はNo.1。コリコリというか、なんというか、とにかくこの弾力にはビックリした。
tosayama16.jpg tosayama15.jpg
〆は、うどん、雑炊、卵かけごはんの3つから選ぶことができ、卵かけごはんも捨てがたかったのだけれど、翌朝食べることができると判明したので、塩鍋のいいお出汁を無駄にするのはもったいない!ということで、雑炊をチョイス。ホント、いいお出汁が出ていて美味しかった~。おなかいっぱいで少ししか食べられなかったのが、これまた残念。。。
デザートは、ミニトマトはちみつと白ワインのコンポート、煎茶アイス&チュイール。
tosayama17.jpg tosayama18.jpg
ふー、、、ゆっくり2時間ほどかけていただいたディナー、とっても美味しゅうございました。


さて。おなかが満たされた後は、このオーベルジュに来た目的のひとつ、ほたる観賞へ。
フロントで懐中電灯を借りて、オーベルジュの裏手(?)の小川へ行くと、ちらほらと光るほたるが。
正直なところ、もっといっぱいいるのかと思っていたので、数は少ないな・・・と思ったけれど、飛びながら光るもの、止まったままチカチカと鋭く光るもの、などバリエーションがあったのはなかなか風情があった。

ほたる観賞後、お風呂に入ってから就寝(お風呂の様子は、明日、最終日の日記に記録予定)。
部屋にはテレビがなく、かつ備え付けのCDプレーヤーが壊れていたので(CDはフロントで貸してくれる)、虫の声と、風で木々の葉が揺れる音、水の流れる音を聞き、癒された夜でした。

オーベルジュ土佐山オーベルジュ / 高知市その他)

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/530-d1d2ffa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06