Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年/米国 原題:Mission:Impossible-Ghost Protocol)を観た。

missionimpossible4.jpg

=ストーリー=

イーサン・ハント(トム・クルーズ)率いるチームのミッション中にクレムリンが爆破されるという事件が起こったため、米国政府は〝ゴースト・プロトコル”を発令し、イーサンカーター(ポーラ・パットン)、ベンジー(サイモン・ペッグ)のチームは政府からの支援を受けられなくなる。そんな中、爆破事件を起こした犯人がロシアの持つ核兵器の使用を企てていることを知り、イーサンのチームは単独でその行動を阻止すべく、ドバイへ向かうが・・・

=感想(箇条書き)=

・ 頭の中を空っぽにできた。これぞ、娯楽大作という言葉がふさわしい。予告編でも見ていたけれど、ドバイの世界一高い高層ビルでのトム・クルーズのスタント無しのアクションシーンは手に汗握ってハラハラドキドキ。このシリーズは、ミッションは成功するのはわかっているんだけど、どこまで“ぎりぎり”で成功させるかってのが肝だよね。しかし、50歳を目前にしたトム・クルーズ、鍛えて頑張ってたなぁ・・・ある意味尊敬(トム・クルーズと郷ひろみのキャラがかぶって見えるのはワタクシだけかしら?)。

・ ロシアではクレムリンに侵入した時のスクリーンのハイテク・トリック(?)が面白かった。本当にあんなことってできるのかなぁ???それともあの見張りがボーっとしてただけ???

・ ドバイは高層ビルももちろんだけど、砂嵐の中のカーチェイスもスリリングだった。インドでは近未来的な自動車工場が出てきたし、舞台の選び方もなかなか面白いと思った。

・ ベンジーが和やかなキャラで笑い担当。彼がドバイのホテルのボーイにばけてティーサーブしている姿、妙にはまっていた。カーターがお色気担当のはずだけど、インドでちょこっとあっただけで、ちょっと物足りなかったような気がする。

・ 後でチームに加わったブラントを演じていたジェレミー・レナー、どこかで見てるんだけど思い出せず。検索して『ハート・ロッカー』だったとわかり、ひと安心。渋い顔をしてアクションをしてるってのが似合う俳優さんなのかも?


=評価=
★★★★(満点は★5つ)

映画でストレス解消したい人にはオススメです。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/506-4202dcc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10