Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

九州温泉ミニ旅行 ~初日~ 

2011/09/15
Thu. 23:34

【初日 : 羽田空港 → 佐賀空港 → 武雄温泉】


今日から2泊3日で九州の温泉2か所を訪ねるプチ旅行に出発。
今年の目標に“佐賀県に行く”というものがあったので、候補地は佐賀県の観光地の中からチョイス。嬉野温泉も魅力的だったのだけれど、車で移動しないワタクシには1本バスを余計に乗らないとダメなのがやや面倒だったこともあり、行き先は武雄温泉に決定。
佐賀県に行くためだけに九州に飛ぶのもちょっともったいない気がしたので(とはいえ今回はマイレージを利用したので航空券代はかかっていない)、前から行ってみた由布院にも足を延ばすことに。けっこうな移動距離だけれども、特急列車を使えば乗り換えは1回で武雄温泉から由布院まで行けるようだ。

ということで、羽田空港から佐賀空港へひとっ飛び。
空港はおそらく日本国内でワタクシが利用した空港では最も小さかったかと。羽田行/発のみ、1日4便×2しか利用されていない空港、これでやっていけるんだろうかと要らぬ心配をしてしまいました。

takeo-4.jpg佐賀空港から武雄温泉までは、前日までに予約しておくと利用できるリムジンタクシーがあったのでそれを利用。タクシーで約1時間、けっこうな距離も時間もかかるんだけど、費用は一人2,000円(税込)。これはかなり便利!

宿泊先の湯元荘 東洋館に到着。武雄温泉のシンボルである楼門のすぐ近くの老舗温泉旅館。
なんでも創業四百年、江戸時代には参勤交代の脇本陣だったといい、宮本武蔵が「五輪の書」の構想を練ったと言われる由緒正しい宿なのだとか。宮本武蔵って島原の乱に参加してたんですね、基本歴史好きですが、戦国時代以降はさっぱり興味がもてないので全く知りませんでした。

歴史といえば。
ここ武雄温泉は風土記にも記載があるほど古く歴史のある温泉で、豊臣秀吉のおこなった朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の際には多くの兵士たちが利用したとのことで、これらの兵士たちが他の入浴客に迷惑をかけぬようと秀吉が示した朱印状が残されているのだとか。江戸時代には、外国への唯一の窓口だった長崎と小倉を結ぶ長崎街道の宿場町としても賑わい、シーボルトや伊能忠敬なども入浴したという記録が残されているらしい。

そんな歴史ある武雄温泉の入り口にあるのが、東京駅を設計したことで知られる辰野金吾が設計したという楼門(↓)。
釘を1本も使っていない独特の木造建築(↓)。派手な色合いは浦島太郎がたどり着いた竜宮城のような雰囲気。
takeo-1.jpg takeo-2.jpg
takeo-3.jpg楼門をくぐると、同じく辰野金吾が設計した新館(←)があり、今はみやげもの屋と資料館として使われていた。
新館の周りには、共同浴場(元湯、蓬莱湯、鷺乃湯)が3つと、貸切の浴場(殿様湯、家老湯)が2つある。殿様風呂は、文字通り肥前佐賀藩のお殿様、鍋島氏専用の風呂で、大理石で作られているというゴージャスなもの。貸切料金は1時間3,800円(平日は3,300円)。

宿に源泉かけ流しの温泉があるのでここでは入浴せず、明日の朝利用する予定の武雄温泉駅までの道を歩いてみる。
途中、レトロな雰囲気満点の観光案内所『がばい』があり(TVドラマ『佐賀のがばいばあちゃん』のメインのロケ地は武雄市)、立ち寄ると冷たく冷えたレモングラスのハーブティーをサービスしてもらった。レモングラスはこのあたりの特産品らしい。
takeo-5.jpg宿に戻り、夕食前にひとっぷろ。
この宿には大浴場が2か所あり、1階が源泉かけ流し、4階はサウナのある広めのお風呂。
まだ外が明るかったので4階のお風呂を利用、泉質は無色透明で温泉っぽい硫黄のにおいもナシ。肌表面はちょっぴりぬるっとした感じ、アルカリ性のくせのない温泉だった。

夕食は部屋食。温泉宿らしい会席料理。いろんなものがお膳の上狭しと並べられた。
メインは佐賀牛の蒸し焼き(←)。あまり量はなかったけれど(っておなかいっぱいで出されても残したはずなので不満はない)、上質の脂がじわ~っと口の中に広がって幸せな気分に。
他のお料理ではいちじくの田楽がとても美味しかった。

はちきれんばかりのおなかをしばらく休め、就寝前に今度は1階の源泉かけ流しのお風呂へ。
木曜日ということもあり宿泊客はまばらで、温泉を独り占めできたのは嬉しかった。

明日は有田へ行ってみます。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/469-8bb95ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08