Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ゴーストライター 

2011/09/05
Mon. 21:51

『ゴーストライター』(2010年/仏独英 原題:The Ghost Writer)を観た。

theghostwriter.jpg

=ストーリー=

破格の報酬で元イギリス首相のアダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝のゴーストライターを引き受けた“ゴースト”(ユアン・マクレガー)だが、その直後、アダムがテロリストを拷問しCIAに引き渡した罪で国際刑事裁判所に調査されることになったと報道される。執筆のためアダムのいる米国東海岸の孤島を訪れたゴーストは、自分の前任者の死の真相を探っていくにつれ、今回の報道に隠された陰謀の真相に近づいていき・・・
=感想(箇条書き)=

・ 劇的なことはないし、派手さもないし、東海岸の孤島はずっと寒くて暗い感じだけれども、会話のテンポが良くてユーモアもところどころ混じっていて、なかなか面白かった。

・ 名前すらないゴーストライター、頼りなくてちょっと抜けている主人公は、ユアン・マクレガーのキャラクターにピッタリ。「まずい」とわかっててもアダムの奥さんルース(オリビア・ウィリアムズ)と一夜を共にしてしまうし、ラストはラストで「謎が解けた!」なんて張本人に言っちゃうし・・・

・ アダム・ラングのモデル(?)はブレア元首相なんだろうけど、ブレア首相はこういう作品を作られて平気なのかねー?けっこうおおらかな性格なのかしら。


=評価=
★★★☆ (3.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/459-e5bbcbd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05