Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(原題:Star Wars: The Clone Wars)のシーズン3、第1話~第2話を見た。

第1話 Clone Cadets / トルーパーへの道
epguide301.jpg
=あらすじ=
トルーパー候補生たちは厳しい訓練を積んでトルーパーとなるが、ドミノ部隊はチームワークが悪く、最終テストに不合格となる。クローンもジャンゴ・フェットの死後新たなドナーもおらず、クローンの質が劣化してきていたのだ。
ドミノ部隊のメンバーであるクローンのエコーファイルスはジェダイに他の部隊への転属を願い出るも、チームでなんとかするよう諭され、ジェダイの計らいでドミノ部隊には追試の機会が与えられる。へヴィーは合格をあきらめ脱走しようとするが、最終試験に合格できず訓練場の清掃係となっていたクローン99号の説得もあり部隊にとどまり、再度追試に挑戦、見事合格する。

第2話 ARC Troopers / 誇り高き兵士たち
epguide302.jpg
=あらすじ=
ジェダイらは、グリーヴァス将軍率いる分離主義勢力がクローンのふるさとである惑星カミーノを攻撃する情報を察知、アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービが指揮をとる。
暗殺者のアサージ・ヴェントレスはDNAを奪うべくDNAルームに向かうがアナキンが迎え撃ち、オビ=ワンもグリーヴァス将軍と一騎打ちを繰り広げる。99号を含むクローン兵らはふるさとを守るため勇敢に戦い、共和国軍はなんとかカミーノを防衛する。また、ドミノ部隊のエコーファイルスはこの戦いでの活躍が認められ、アーク・トルーパーに昇進する。


=第1~2話の感想=

・ クローンが劣化してきているという設定にはなるほど~と思わされた。エピソード4以降で帝国軍となったストーム・トルーパーのほうが、このシリーズに出てくるクローン・トルーパー(特にレックスとかコーディーとかめちゃめちゃ優秀だし)よりも弱くて頭も悪い気がするものね。

・ 99号が老人なのは何故?!クローンが生産されるようになってそんなに時間って経ってないはずだけど・・・。成長も早い分、年を取るのも早い?でもだったらレックスとかも年取っていいはずだよね?

・ 前々から思ってるけど、アサージ・ヴェントレスは強いんだか弱いんだかよくわからない(波がある=弱いってこと)。弱い時ならアナキンが簡単に倒せそうな気がするんだけど。アナキンも同じように波がある(相手に合わせてしまう?)から、マスターになれないのかしら?

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/443-62a1070a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10