Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 

2011/08/03
Wed. 23:05

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年/米国 原題:Transformers: Dark of the Moon)を観た。

transformersdarkofthemoon.jpg

=ストーリー=

大学を卒業したサム(シャイア・ラブーフ)は就職がうまくいかず、仕事探しをしながらワシントンD.C.で恋人のカーリー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)と暮らしていた。他方、その存在が公になったオプティマス・プライムバンブルビーら金属生命体トランスフォーマーのオートボッツも人間、主に軍に協力してそれぞれ任務を果たしていた。
そんな折、1969年にアポロ11号が月面に着陸した際、極秘任務で宇宙飛行士らが、オートボッツとディセプティコンの戦いに決定的な影響を及ぼすものを地球に持ち帰っていた。その事実を知ったオプティマスは月面に降り立ち、オートボッツの前リーダーで今は休眠状態にあるセンチネル・プライムと、彼が発明したサイバトロン復活のための「柱」を発見、地球に運び込み、センチネル・プライムが復活するが・・・

=感想(箇条書き/ネタバレなし)=

・ ストーリーとしては突っ込みどころは満載だけど、そんなことはおかまいなしで、映像が楽しい~!
よりリアルに美しく見える3DのCGも良かったけど、でも、このトランスフォーマーシリーズだったら、もっと古典的な“飛び出す3D”が使われていても楽しかったと思う。それがちょっと残念。

・ あの人の裏切りにはちょっと驚いた。ま、それがなかったらゼッタイに2時間半超の大作にはなりえなかっただろうけど。

・ いろんな声(?)でサムと話をするバンブルビーがキュート。そうそう、初めてサムが黄色いカマロを手に入れた時、ラジオが壊れてたってか調子が悪かったんだよね~。

・ シカゴでの市街戦、特にガラス張りでのビルでの防御戦(?)は、めちゃめちゃ漫画チックだったけど面白かった。あれで重傷を負わないってどう考えてもおかしいけど(笑)。

・ ディセプティコンのショックウェーブが迫力満点!トランスフォーマーたちの中でオプティマスに次いで存在感があった。そのわりには最後はあっけなく倒されたけど・・・。攻撃には強くても守りには弱かったか。

・ この話にラブストーリーは不要。でもって、サムの彼女、セクシー過ぎ。彼女が出てくると本題とあまり関係がないのに思わず目がいってしまって集中できず。女性のワタクシでも気になったのだから、男性ならなおさらでは???


=評価=
★★★☆ (3.5 / 満点は★5点)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/440-d4eaae39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11