Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 

2011/07/20
Wed. 22:00

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年/米国 原題:Harry Potter and the Deathly Hallows Part2)を観た。

deathlyhallowspart2.jpg

=ストーリー=

ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)を倒すため、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、ロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に彼の分霊箱を探し当て破壊していく。それに気づいたヴォルデモートは、ハリーらがホグワーツに戻ったことを知り、ホグワーツに攻撃をしかける。教授たちや生徒たちは勇敢に戦うが、死傷者も多く出た。スネイプ(アラン・リックマン)の最期に、彼の真意と自身の秘密を知ることとなったハリーは、ヴォルデモートを倒すには自分が彼と戦わなければならないと、戦いに臨む。

=感想(箇条書き)=

・ ずいぶん前に原作を読んでいたのでストーリーはだいたいわかってはいたけれど、細かい部分は忘れているところも多かったので楽しめた。でも、フレッド(ジェームズ・フェルプス)のシーンが大幅カットされていてよくわからなかったのが非常に残念。

・ ホグワーツでの総力戦の映像は迫力があり大満足。
しかし、ホグワーツが受けたダメージは相当なもの。彼らはみんな魔法使いだから、復旧は早かった?!

・ モリー(ジュリー・ウォルターズ )が、ベラトリックス(ヘレナ・ボナム=カーター)を倒すというのが、彼女ってそんなに強かったんだ!と原作を読んだときけっこう印象に残ってたんだけれど、映像でその場面が見られてよかった。原作者も母親だし、リリーもそうだけど、“母は強し”というメッセージを伝えたかったのかしら。

・ 3Dで観賞したものの、あまり3Dっぽい感じがしなかった(2Dで観ていないので比較はできないが)。最近の3Dは、モノや人が飛び出してくる!というような使い方ではないから、このさりげない(?)使い方が良いのかもしれないけれど、ちょっと物足りなかった。でも3Dメガネがずいぶん軽量化されていてそれはありがたかった。

・ 原作で“蛇足”だと思った19年後のシーンもしっかり映像化されていた。ハリージニー(ボニー・ライト)の息子がなかなか可愛らしかった。あと、ロンハーマイオニーの息子が昔のロンにかなり似ていた。子役のオーディション、大変だったんだろうなー。

・ 第1作から10年。長い間続いたシリーズがこれで終わりかと思うとちょっぴり寂しい(と言っても、これ以上続けて欲しいとも思わないけど)。またこういうわくわくできる作品が生まれてくれるといいなー。



=評価=
★★★☆ (3.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/432-b150b437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10