Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ギアナ高地&レンソイス旅行 ~5日目~ 

2011/07/10
Sun. 21:57

【5日目 : カナイマ → サンタエレナ】


今日は、カナイマ湖クルーズからスタート。
2日目、このロッジに着いた日に散策した時に見た4つの滝をボートから観光。

しかし、朝からとっても良い天気、また日焼けしそう~。
こんなにいい天気だったら、もっと湖に出ている人が多くてもよさそうなのに、おかしいな~と思っていたら、今日は日曜日。
カトリックの人々が多く、みんな家族で教会に行っているらしい。
vb5-1.jpg



vb5-2.jpgこちらはウカイマの滝(写真右)と、ゴロンドリーナの滝(同左)。
ウカイマとは現地のペモン族の言葉で“魅力”の意、ゴロンドリーナとはスペイン語で“ツバメ"の意。
vb5-3.jpgこちら(←)は、“川の神”という意味をもつワダイマの滝
vb5-4.jpgこちら(←)は、アチャの滝
これは“斧の滝”という意味だそう。
どういう由来でその名が付けられたのかはわからないけれど、ひとつひとつ滝に名前が付いているということは、これらの滝が先住民ペモン族の生活に深くかかわっていたせいなのだろう。


ロッジに戻り、少し時間があったので、ロッジの庭を探検(?)。
するとバナナの花が咲いていた(↓)。
バナナの花って初めて見たけど、こういう風に花が咲くからあんな風に実がなるのね~。なるほど。
vb5-5.jpg vb5-6.jpg

その後、カナイマからギアナ高地観光のもう一つの拠点、サンタエレナへセスナで移動。
プエルト・オルダスからカナイマに来たのと同様、こちらも遊覧飛行付きのフライト
朝はあんなに良い天気だったのに、だんだん曇ってきて、このころには遊覧飛行にはイマヒトツな空模様。
でも、セスナが雲の中に入ると霧雨の中にいるようで、ひんやりしてちょっと気持ちよかった。

こちらが真上から見たエンジェルフォール(↓)。
昨日見たものに比べると水量がずいぶん減っていて、「これが同じエンジェルフォール?」と一瞬自分の目を疑ってしまったほど。
でも、いろいろな表情のエンジェルフォールが見られたと思えば、これはこれでまた良し。
vb5-7.jpg


エンジェルフォールの遊覧飛行後、1時間ほどセスナで飛んで(その間は爆睡)、サンタエレナに到着。
ここで、ギアナ高地の深部、グランサバナ(英語でいうとグランド・サバンナ)を案内してくれるドライバー兼ガイドのディエゴさんとマンフレッドさんと合流。

ディエゴさん、かなり日本のアニメ好きらしく、彼の車(といっても旅行会社のもの。TOYOTAのランクル)に乗り込むと、BGMは『マジンガーZ』に『キャンディ・キャンディ』の主題歌。
『マジンガーZ』のほうはYouTubeから何かの番組で水木一郎が生で歌っていたものをダウンロードしたもの、『キャンディ・キャンディ』は1番がスペイン語バージョンで2番が日本語バージョンのものだった。
こんな秘境に来て、まさか『マジンガーZ』を聴くことになろうとは(笑)。

vb5-8.jpgここサンタエレナは、ブラジルとの国境が近いので、両国の人の行き来が多いとのこと。
特にこの地方はガソリンがべらぼうに安く(ベネズエラは世界有数の産油国)、70~75リットルで1米ドルという信じられない安さ!!!
それに、ベネズエラは水が豊富な国なので、電力の80%以上が水力発電でまかなわれていて、原子力発電所はゼロとのこと。
水が豊富で、石油も出て、人口もそれなりにあって、もっと豊かな国になってもよさそうなのに・・・貧富の差が大きいのだろうな。

サンタエレナの国境から30分ちょっと車で走り、家族経営しているこじんまりしたロッジ(→)にチェックイン。
そこで昼食を取り、この後はフリータイム。
と言っても、町に出るには遠すぎるし、やることは洗濯くらいしかなかったんだけど・・・・

明日は終日、ギアナ高地の深部、グランサバナの観光です。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/423-e8ea8d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06