Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ザ・タウン 

2011/07/06
Wed. 19:15

これまた機内で、『ザ・タウン』(2010年/米国 原題:The Town)を見た。

thetown.jpg

=ストーリー=

ボストンのチャールズタウンで育ったダグ(ベン・アフレック)は、幼馴染らと共に銀行強盗を生業としていた。ある日、彼らは襲った銀行の支店長クレア(レベッカ・ホール)を成り行きで人質としてしまうが、その後解放する。自分たちの手掛かりを与えていないかと心配になったダグクレアに近づくが、二人は惹かれあってしまい・・・

=感想(箇条書き)=

・ この前にスタイリッシュな『Takers』を見ていたので、ダグたちの銀行強盗のやり方が、ひどく泥くさいなーと思ってしまったのだけれど、リアリティは抜群。アメリカの都市近郊で実際に起こるとすれば、こういう強盗のほうが十分にありえるのだろうけれど。

・ 犯人たちが人質に近づき、その後親しい関係になってしまうというのは、フィクションとしては珍しくもなんともない展開。まじめなクレアダグのような男性に惹かれるのもわからなくはないけれど、仕事まで辞めてしまうとは。ダグだけでなく、クレアも現状をどうにかしたい、変えたいと思っていたのだろうか。

・ ベン・アフレックの監督第2作ということだけれど、1作目の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』のほうがワタクシは好き。主演なんかやらず、監督業に専念したほうがよいような気が・・・


=評価=
★★★ (満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/418-f83128dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08