Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

Takers 

2011/07/06
Wed. 17:20

さらに機内で、『Takers』(2010年/米国)を見た。
この作品は、ポール・ウォーカーとヘイデン・クリステンセンが共演するということで、前々から見たいと思っていたもの(現時点では日本未公開)。こんなところで見られるとは、ラッキー♪

takers.jpg

=ストーリー=

ゴードン(イドリス・エルバ)、ジョン(ポール・ウォーカー)、ジェイク(マイケル・イーリー)、ジェシー(クリス・ブラウン)、A.J.(ヘイデン・クリステンセン)の5人は連邦銀行から大金を奪うことに成功。そんな中、5人の前にかつての仲間ゴースト(T.I.)が現れ、新たな仕事を一緒にしないかと持ちかける。ゴーストは5年前の仕事で一人だけ捕まり、刑務所に入っていたが出所したばかりで、この仕事の情報は刑務所でロシア人たちから仕入れたのだという。ジョンは半信半疑だったが、5人はこの話に乗ることにする。
その頃、刑事のジャック(マット・ディロン)とエディ(ジェイ・ヘルナンデス)のコンビは、彼らを執拗に追っていて・・・

=感想(箇条書き)=

・ ラストがちょっと納得いかなかったけど、なかなか面白かった。誰が主演なのかよくわからない作品だけど、ジョン役のポール・ウォーカーが一番オイシイ役どころだったかなー。

・ 久しぶりに見たヘイデン・クリステンセン、やっぱりカッコイイ。この5人の中では末っ子的な存在っていうキャラクターも良かった。他のメンバーの最期が意外にあっさりとしていたのに比べて、A.J.の最期は劇的で美しかった。

・ ゴードンの姉には、最初から最後までイライラさせられっぱなし。何かやらかすと思ったら案の定、ジャックに大きなヒントをあげちゃったよ・・・

・ キーパーソンのゴーストが薄っぺらい感じだったのが少々残念か。いかにも信用できなさそうな顔してる(失礼)から、もう少し違う雰囲気の人が演じたほうが深みがでたかもしれない。


=評価=
★★★☆ (3.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/417-8919fe24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08