Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

米国東海岸ミニ旅行 ~5日目~ 

2011/06/20
Mon. 23:21

【5日目 : ニューヨーク】


本日の観光は、エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)から。
本当は、昨夜行こうと思っていたのだけれど、疲れて億劫になり、本日朝に延期になったのだ。

軽く朝食を済ませ、ホテルから10分ちょっと歩いて目的地に到着。
昨日のツアーのガイドが、「エンパイアの展望台はものすごく混んでて行列が半端じゃない」と話していたのだけれど、月曜日の朝ということもあってか、まったく並ぶことなく展望台に上がることができた。
とはいえ、係員の数がかなり多く、かつ行列整備用のロープがたくさん残っていたので、混むときはめちゃめちゃ混むんだろうな、ということも容易に想像ができた。
IMG_4508.jpg IMG_4509.jpg

若干曇っているのが残念だけど、展望台から見たロウアーマンハッタン(↓)。
右手奥に、小さく自由の女神も見ることができた。
IMG_4510.jpg


↓左の写真は、北側のマンハッタン。摩天楼の奥に、セントラルパークが見えるの、わかります?
↓右の写真は、西側を見たもの。クライスラービルはやっぱり目立ちますね。その横のてっぺんが三角の黒いビルには、昔郷ひろみが住んでいたらしい。で、さらにその隣の黒い背の高いビルには、松井秀樹がヤンキース時代に住んでいたのだとか。
IMG_4518.jpg IMG_4525.jpg

曇天が残念だったとはいえ、人もあまり多くなく、十分にマンハッタンの景色を堪能した後、展望台のエレベーターに上る途中に撮られた写真(エンパイアと撮影しているように合成してくれているもの)を、記念にだからと購入(CDが付いて26ドル。でもこのCD、撮った写真のデータが入っているのではなく、ニューヨークの景色の写真が200枚ばかり入っているものだった)。
さらに、みやげもの屋を物色。キングコングとエンパイアが描かれたグッズが目に付いた。

そうこうしている間に11時過ぎになったので、セントラルパーク近くに移動し、『Sarabeth』というレストランで少し早い昼食(といっても、時間が早く朝食メニューしか出してもらえなかったのだけれど)。
ワタクシは知らなかったのですが、ここのジャムって日本でも人気なんですねー。
確かにスコーンについていたアプリコットのジャムはなかなか美味でした。

腹ごしらえを済ませて、MoMA(近代美術館)へ。
月曜日はメトロポリタン美術館が休みで、博物館なども休みのところが多いせいか、こちらMoMAはけっこう賑わっていたように感じた。

ガイドブックには音声ガイド(日本語アリ)が無料で借りられると書いてあったのだけれど、パスポートでは身分証明書にならないということで、借りることができず(涙)。いつも米国旅行をするときは、有効期限は切れてるけどPhoto IDになるからとカリフォルニアのDriver's Licenseを持参するのだけれど、今回は不要かと思って持ってこなかった、、、失敗したなぁ

MoMAの中には彫刻庭園になっていて、今の季節は緑が豊かで気持ちよかった(↓左)。
彫刻はよくわからないものが多かったけど(苦笑)、↓の右の写真は、なんだかジェダイの騎士たちが集まっているみたいで日ジョーに気になったもの(そんなわけないんだけどね)。
IMG_4532.jpg IMG_4533.jpg
2階はコンテンポラリー・アートが中心、3階は建築とか写真とかデッサンみたいなものが中心の展示。
「これってゲージュツ?」と思ってしまう不思議なものも多かったけど、それはそれで見ていて楽しかった。

4階、5階が近代絵画芸術がメインの展示。気になった&印象に残った作品をここにメモ。

まずは、ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルの『ゴールド・マリリン・モンロー(Gold Marilyn Monroe)』、同じくポップアートの代表者ロイ・リキテンシュタインの『ボールを持った少女(Girl with Ball)』
IMG_4568.jpg IMG_4565.jpg

続いては、ピカソの作品。『鏡の前の少女(Girl before a Mirror)』と『アヴィニョンの娘たち(Les Demoiselles d'Avignon)』。
『アヴィニョンの娘たち』は、ピカソがキュービズムに転換していくきっかけとなった作品とのこと。
IMG_4570.jpg IMG_4571.jpg

こちらもピカソの作品『3人の音楽家たち(Three Musicians)』と、可愛らしいなーと思ったパウル・クレーの『猫と鳥(Cat and Bird)』
『3人の音楽家たち』になると、キュービズムが完成(?)進化(?)しているように見えます。ここまで来ると、なんとなくゲージュツっぽく見えるから不思議。
IMG_4572.jpg IMG_4573.jpg

次は、ダリの作品2つ。『照らし出された快楽(Illumined Pleasures)』『記憶の固執(The Persistence of Memory)』。近づいてみると、細かいところがグロテスクだったりして、とっても不思議な絵でした。
IMG_4575.jpg IMG_4576.jpg
アンリ・マチスの『ピアノ・レッスン(Piano Lesson)』ゴッホ晩年の作品『月星夜(Starry Night)』
『ピアノ・レッスン』は、奥に洗面台が見えていたり、カーテンがあったりと、日常に近いようなんだけど、やっぱり現実離れしているところが好き(うまく言えないけど)。色合いも柔らかくて、この絵はかなりのお気に入り。
IMG_4589.jpg IMG_4600.jpg
最後は、アンリ・ルソーの2作品。『夢(Dream)』『眠るジプシー女(Sleeping Gypsy)』
アンリ・ルソーは一度も海外に出たことはなかったのだけれど、最後の作品にこの『夢』を描いたとのこと。
IMG_4602.jpg IMG_4603.jpg

以上でMoMAの展示鑑賞は終了。
音声ガイドがなかったのは残念だったけど、それがない分、自分なりにいろいろな解釈もできたし、とても面白かった。
MoMAは不思議な作品も多いので、ワタクシや母のような美術音痴が行っても楽しめると思う。

最後にMoMAのショップを覗く。
よく見てみると、パズルやら消しゴムやらカードやら、細かい細工のしてあるものは日本製のものも多かった。
さすが、手先の器用な日本人!?

この後は、セントラルパークを少し散歩して、再び昨日の昼食をとったWhole Foods Marketへ。
コーヒーやらスコーンやらクッキーやら、ちょっとしたお土産をここでまとめて購入。
晩御飯にとスープも買ったのだけれど、持ち帰りだというと、しっかりふたをしてくれ、さらに冷めにくい加工のしてる袋にまで入れてくれた。やや過剰包装気味だったけど、漏れずにホテルまで持ち帰れたので助かった。

ホテルでパッキングをして、夕食を済ませ、ニューヨーク観光最後を飾るミュージカル鑑賞@ブロードウェイへ。
月曜日は休演の演目も多く、選択肢が限られていたので演目は『オペ座の怪人』をチョイス。
20時開演で、19時半くらいに会場マジェスティック劇場に到着。まだ開場になっていなかったようで、チケットを持った人たちがずらりと並んでいた。観光客が多いせいか、おしゃれをしている人はほとんどいなかったと思う。

『オペラ座の怪人』は、ジェラルド・バトラー主演の映画を観たことがあり、ストーリーは知っていたので、言葉がわからなくてもなんとかついていけた(歌になると、普通に話される英語と違って、俄然理解力が落ちるような気がする)。
10数年前にブロードウェイで『レ・ミゼラブル』を観た時も思ったのだけれど、どうやらワタクシはミュージカルには入り込めない体質のよう。歌は好きだし、『天使にラブソングを』やら『ドリーム・ガールズ』やら『ハイスクール・ミュージカル』やら、けっこうミュージカル映画で好きなものはたくさんあるんだけれど、舞台ではイマヒトツ感動できない(涙)。

ということで、『オペラ座の怪人』も、もちろん悪くはなかったけれど、「こんなもんかしら~」という程度の感想で終わってしまいました。
母も・・・おそらく同様の感想だったようで。蛙の子は蛙、なのかもしれません。
IMG_4647.jpg


以上で、あっという間に5日目が終了。
もう帰国するのみになってしまいました。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/411-dec4f74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06