Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

イスラエル旅行 ~9日目(最終日)~ 

2011/05/08
Sun. 23:18

【9日日 : テルアビブ → カイロ → 仁川(ソウル) → 羽田】


最終日は移動のみ。
厳しい荷物検査も終え、一安心していたところ、なんとここでもハプニングが!!

数日前にテルアビブの空港で給油した燃油に不純物が混じっていたことがわかり、テルアビブでは近郊の空港までの最低限の燃料しか積めないことになったので、カイロで給油のためストップオーバーするスケジュールになったと言うのだ。
仁川での乗り継ぎ時間は2時間半しかなかったので、乗り継ぎは無理だろうな~などと思ったけど、発券された搭乗券は、予定通りのKE705便、成田行き。待ってくれるのかしら?と淡い期待を抱きつつ、24時過ぎにKE958便がテルアビブを離陸。

テルアビブからカイロまでは1時間ちょっと。給油のためおよそ1時間ストップ、この時点で2時間はロスしているわけで、やはり、仁川で成田便に乗り継ぐことはできず。
幸い、21時40分仁川発の羽田行きKE71便で東京に戻れるという。
成田でなく羽田に戻れるのはワタクシとしては嬉しいけれど、しかし到着予定時刻は23時40分。荷物を取って出国して・・・とすると、確実に翌日になってしまう。

でもまぁ、じたばたしても仕方がない。
映画見て、機内食食べて(お粥が出て感激)、睡眠をとって、12時間を超えるフライトもようやく終了。
仁川の空港で免税店をふらふらして2時間ほど待ち時間をつぶす。

ソウルから羽田は2時間弱。寝ていたらあっという間に到着。
到着が24時前と遅い時間だったので手続きはすんなり進み、タクシーで一路自宅へ。
深夜で道がすいていたこともあり、所要30分ちょい、6,000円で帰ることができた。


最後バタバタしてしまったけれど、9日間のイスラエル旅行は無事終了。
情勢は常に安定しませんが、観光旅行は十分に可能でした。もちろん、危険な地区に足を踏み入れなければ、という条件付きでしょうが。

9-1.jpg以下が、この旅行を終えての雑感です
ちなみに→の写真は、エルサレム新市街のみやげもの屋で見つけた、ネタみやげ用のキッパ。”Don't worry, be jewish.”ってすごいインパクト。

・ もっとも印象に残っているのは、ヤド・バシェムとマサダ。ユダヤの象徴なのは、心底納得できました。

・ ヴィアドロローサは正直いまひとつテンションが上がらなかったけど、城壁に囲まれたエルサレムの町はやはり不思議な魅力があった。

・ コシェル(ユダヤ教の食餌規定)を守るのはワタクシには無理!洋風の朝食にはハムやベーコンが欲しい。鱗がない海のものも食べたい。

・ やっぱり聖書はちゃんと学ばねば!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/401-0e7d7a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06