Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ブラジル査証の取得 

2011/06/07
Tue. 10:24

来月の6日から、ギアナ高地・エンジェルフォールとレンソイス(ブラジルにある白砂漠)を訪れる予定なので、ブラジルの査証(ビザ)を申請、取得した。
旅行会社に依頼することもできたのだけれど、この旅行の前にも旅行を予定しておりパスポートを長期間預けたくなかったので、自分で手続きすることにしたのだ。
結果的には、費用も安く済み、早く取得でき、大正解。

ブラジル入国にはたとえ数日の観光であってもビザの取得が必要。
申請に必要な書類は、きちんと領事館のホームページで最新情報を確認すべきだけれど、ワタクシが準備したのは、

・ パスポート(有効期間6か月以上、
・ 写真(背景は白)
・ インターネット上で作成した申請書のプリントアウト
・ 旅行会社からもらった予約確認証と旅程表
・ 銀行の預金残高証明
・ 査証料金2,500円 (領事館内に銀行があり、そこで払い込む)

銀行の預金残高証明書は日本語のものでもオッケー。
25万円以上あればいいらしいのだけれど、旅行会社を通じて申請する場合、どの銀行のものにするか(残高どれくらいのものにするか)、ちょっと考えちゃいますね。
銀行によっては発行手数料を取るところもあるみたいなので、そこも要チェック。
新生銀行は無料で、電話(フリーダイヤル)で依頼してから4日程度で郵送されてきました。

申請書類がそろったところで、東京は五反田にある総領事館(幸い自宅から五反田までは20分弱)へ。
受付開始時間の午前10時前に行くと、すでに10数人が整理券機の前に並んでいた。とは言っても、ビザの取得の窓口に先客は1名のみ。日本に滞在しているブラジル人が大半で、領事館の狭い狭い空間は、ポルトガル語が飛び交う別世界でした(笑)。

窓口の若い男性は日本語ペラペラ。
丁寧に申請書類をチェックし、旅程表でブラジルへは飛行機でなくベネズエラから陸路バスで入国することを確認すると、「この誓約書に署名してください」と。航空機と違って予約が確認できるものがないから、誓約書が必要らしい。
とはいえ、「●月●日にベネズエラからブラジルに入国します」と書いた1枚ペラの紙に署名をするだけ。しかも、通常はイグアスの滝を訪れる人がアルゼンチンとブラジルを行き来する際に使っている書類のようで、その部分を線で消して手書きで修正するというアバウトさ。

IMG_1519.jpg申請書類が受理された後、査証料金を支払って申請は終了。料金を払った時にもらう黄色い紙が、ビザの受取証になる。
5月31日(火)に申請したところ、出来上がり予定は6月7日(火)、朝イチでも受け取ることができるとのこと。
旅行会社に依頼したら、2週間以上かかると言われていたけど、領事館での手続きは1週間のみなのね。

で、本日7日(火)に早速取りに行ってきました。
申請時と同じように整理券を取り、窓口で受取証を渡し、発行されたビザの氏名、生年月日、発行日(発行日から90日の間に入国すればオッケー)、目的=観光=とタイプ=1度きりでなく期間中は何度でも行き来できるマルチプル=を確認したら、取得完了、ひと安心。

次の旅行準備は、予防接種です。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/390-25df573b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10