Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

第901回「印象に残っている受験のエピソード」 

2010/02/12
Fri. 10:03

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「思い出深い受験のエピソード」です。大学受験、高校受験…いまや幼稚園も受験するのが当たり前?受験受験のニッポンですが、こんな方法で勉強しまくった末に受かった!という人や勉強してるときお母さんが作ってくれた夜食が温かく染みた…とか受験のときにこんなヘンな奴見た!とか皆さんそれぞれ受験に対しての思い出というようなものがあると...
FC2 トラックバックテーマ:「印象に残っている受験のエピソード」



受験は、中学受験と大学受験2回を経験。

それぞれの思い出と言えば。

1) 中学受験(結果:合格)
競争率20倍(抽選あり)という、実力より運がモノをいった中学受験。
学力試験(国語、算数、理科、社会、図画工作、音楽、技術・家庭科)と体育実技のほか、受験者の面接1回(2回かも)、親の面接1回、親と子の面接1回という試験だったのだけれど、親と子の面接のときに、校長先生から「○○さん(=ワタクシ)の気になるところはどこですか?」と質問された父が、「食べ物の好き嫌いが多いこと」と答えたこと。
食べ物の好き嫌いって、食卓によく上ったほうれん草が嫌いだっただけだと自分では思っていたので、その回答に不満を持ったことを今でもはっきり覚えている。



2) 1回目の大学受験(結果:合格)

大阪から新幹線に乗って東京で受験に行ったワタクシ。
のんびりしていたらホテルがなくて、試験会場である大学から電車で50分くらいかかる、東京駅の目の前のホテルに泊まることになってしまった。
そのときに、父から、「東京駅は、八重洲口と丸の内口があって、その出口を間違えると反対に移動するのが大変だから、絶対に八重洲口を出るように」と注意されたこと。

試験日の前日。
小2~小3の1年半弱、三鷹に住んでいた時に一番仲がよく、しばらく文通をしていた友人Sさんと、約10年ぶりに再会。翌日のため、試験会場の下見に付き合ってもらったんだけど、悲しいことにあまり話が合わず、彼女とはそれっきり
いまどこで何をしてるのかな。


3) 2回目の大学受験(結果:合格)
1回目の大学受験(現役のとき)に第1志望のH大学に合格し入学したにもかかわらず、なにを血迷ったか(当時はいろいろ悩んでたつもりだったけど)、夏休みに帰省した際、もう1度、別の大学を受験しようと決めたワタクシ。
H大の部活を秋の文化祭終了後に休部し、センター試験を受験、大学の期末試験を受け単位を取った後、実家に戻って後期試験を受験。
このときは、仲間もでき、文化祭でも盛り上がり、H大での生活も楽しくなっていたので、正直受かっても落ちてもどっちでもよかったんだけど、試験問題を目の前にしたら当然本気で解き、結果は合格。

合格後、H大の部活の部室に、「お世話になりました」と挨拶に行くと、「○○、K大合格したけどやっぱりここに残るってのが一番かっこいいで!」と男子部の先輩から声をかけてもらったことが、とても嬉しかった。一瞬、ホントにここに残ろうかなって思ったくらい



これを書いていると、いろんなことが思い出されてきた。

受験番号が近く、中学受験の受験中に仲良くなったKちゃん(今でも仲良し♪)より一足早く、合格発表を見たワタクシ。これから発表を見に行くKちゃんとすれ違った際に、「(Kちゃんも)合格してたよ!」と話してしまったこと。子どもだったとはいえ、それはないよね

1回目の大学受験前に高校の友人たちと北野天満宮に初詣に行ったら、縁起悪いことこのうえなく(勢いよく叩きすぎた?)、鐘を落っことしてしまった人がいたこと。彼は無事合格したんだろうか?

これも1回目の大学受験のとき、前日に下見をしていたら部活でランニング中の見ず知らずの先輩に「ここ受験するん?頑張りな~」と声をかけてもらったこと。それがきっかけではないけれど、奇しくもその先輩のいる部活に入部したこと。

受験運はめっちゃめちゃ強かったワタクシ、ここで運を使い果たした気がしなくもありません


長文になりました。読んでくださった方、ありがとうございました!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/36-b650e373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08