Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

悪人 

2011/03/19
Sat. 10:27

『悪人』(2010年/日本)を見た。

akunin.jpg

=ストーリー=

祖父の介護をしながら建設現場で働く清水祐一(妻夫木聡)は、出会い系サイトで知り合った佳乃(満島ひかり)に侮辱され、思わず殺害してしまう。その後祐一は、出会い系サイトを通じてメールをやりとりした光代(深津絵里)と会いお互い惹かれあうが、当初佳乃殺害の容疑で逮捕された大学生の増尾(岡田将生)が真犯人でないことがわかり、祐一が指名手配される。高校も職場も自宅の近くで外に出たことのない光代だったが、祐一と行動を共にすることにして・・・

=感想(箇条書き)=

・原作はすでに読んでいたので、この作品を見て、何をもって「悪人」と言うのか、ということを改めて考えることはなかったのだけれど、登場人物の中では、やっぱり増尾が一番キライ。『告白』を見た時もちょっと思ったけど、岡田将生は、嫌な奴の役を楽しんで演じているように見える。

・妻夫木聡が祐一役をやるってどうなんだろう?と思ってたけど、思っていたほどの違和感はなく、これまでのイメージを破って俳優として新たなステージに入っていきたいとの意気込みが感じられた。金髪はとってつけたみたいだったけど、それが祐一のキャラクターとも言えるしね。

・原作を読んだ時にとても印象に残っていた、佳乃の父親(柄本明)のセリフをもう一度残しておこう。映画だとあまり印象深いシーンになっていなかったようで、ちょっと残念。
「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい。大切な人がおらん人間は、何でもできると思い込む。自分には失うもんがなかっち、それで自分が強うなった気になっとる。失うものもなければ、欲しいものもない。だけんろ、自分を余裕のある人間っち思い込んで、失ったり、欲しがったり一喜一憂する人間を、馬鹿にした目で眺めとる。そうじゃなかとよ。本当はそれじゃ駄目とよ」


=評価=
★★★ (満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/346-58c409de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09