Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

魔法使いの弟子 

2011/01/24
Mon. 22:20

『魔法使いの弟子』(2010年/米国 原題:The Sorcerer's Apprentice)を見た。

thesorcerersapprentice.jpg

=ストーリー=

時は800年前。人間の知らないところで魔法使い同士の戦争が起こっていた。善の魔法使いの指導者マーリーンには、バルサザール(ニコラス・ケイジ)、ヴェロニカ(モニカ・ベルッチ)、ホルヴァート(アルフレッド・モリーナ)という3人の優秀な弟子がいたが、ホルヴァートが裏切り、悪の魔法使いモルガナに寝返ったため、マーリーンは死に、モルガナヴェロニカと共に入れ子の人形に封印されることとなった。
バルサザールは、マーリーンが最期に残した、自分の後継者のみがモルガナを倒すことができるだろうとの言葉を信じ、マーリーンの後継者を探す旅に出る。

そして現代のニューヨーク。バルサザールはとうとうマーリーンの後継者を見つけるが、その後継者は物理好きのオタク、デイヴ(ジェイ・バルシェル)だった・・・

=感想=

・ディズニー映画なんだけど、誰がターゲットなのか理解に苦しむ。。。子どもにもティーンネイジャーにも合わないんじゃないかなー。物理オタクも悪くないよって言いたいのかしら?

・アルフレッド・モリーナ、最近ちょくちょく見るなー。『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』にも『17歳の肖像』にも出てた。芸達者なんだろうけど、でも『スパイダーマン2』とか本作とか、若干間の抜けたところのある悪役がピッタリだと思う。


=評価=
★★(満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/320-b6bbddd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07