Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

トロン:レガシー 

2010/12/29
Wed. 02:26

『トロン:レガシー』(2010年/米国 原題:TRON:Legacy)を観た。

tronlegacy.jpg

=ストーリー=

巨大IT企業エンコム社のCEOケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が突然失踪してから20年。27歳になったケヴィンの息子サム(ギャレット・ヘドランド)のもとに、父ケヴィンのパートナーで父親代わりともいえるアラン(ブルース・ボックスレイトナー)が訪ねてくる。アランのポケベルに、かつてのケヴィンの仕事場で、今は20年使われていないゲームセンターの番号で連絡があったというのだ。そのゲームセンターでサムは、ケヴィンが創造したコンピュータの世界の中に入り込んでしまい・・・
=感想(箇条書き)=

・設定が斬新で、テーマパークのアトラクションにもぐりこんだような感じだった。無機質なコンピュータの中の世界は、「とりあえず3Dにしました」というのではなくて、3Dで見えることに意味もあったし。

・ただ途中ちょっと中だるみしたのが残念だった。サムのエンコム社への侵入、逃走、ゲームセンターから“グリッド”でのファイトまでは、すごくテンポが良かっただけに。

・クライマックスでのケヴィンのパワーは何!?創造したから破壊もできるってことなんだろうけど、あんなパワーを持っているなら最初から使えよ。。。。しかも、そもそももっと早くにこっちの世界に帰れたんじゃないの?と思わずにはいられなかった。

クオラ(オリヴィア・ワイルド)、こっちの世界でも生きられるのね~。なんか不思議な感じ(まぁ、フィクションなのでなんでもアリなんだけど)。
 とか言いつつ、ラストシーンは女子的には満足。バイクの後ろってそれだけでポイント高いけど、コンピュータの中の世界しか知らなければ、朝日に照らされて時々刻々変わる空や雲の絵に、感動すること間違いなしだものね。


=評価=
★★★☆(3.3くらい / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/304-d4f8e7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08