Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

さてさて、こんぴら参り
ワタクシは、幼稚園の年長か小学1年生くらいの時に一度来たことがあるので、今回が2回目。

みやげもの屋が並ぶ参道をわき目も振らず、階段の数を数えながら上る。
少々息を切らしつつ、431段まで一気に上ると、大きな鳥居の手前に、桜馬場という広場のようなところに到着。しばらく休憩。
この広場の隅には、アフリカ象の像や、
kompira2010-1.jpg kompira2010-2.jpg

神馬のいる御厩、造船会社が納めたという大きなプロペラなどがあった。
こんぴらさんは、海上交通の守り神としての信仰が篤いのです。
kompira2010-3.jpg kompira2010-4.jpg











kompira2010-5.jpgさらに階段を上り進め、628段目のところにあるのが、立派な旭社(←)。
お参りはしなかったけれど、昔むかし、こんぴら参りに来た人は、この立派な旭社を本宮と間違えて、本殿まで行かず帰ってしまった人もいたのだとか。
kompira2010-6.jpg785段まで上り、本宮に到着。
この日はちょうど、「御本宮 例祭」という行事がおこなわれていて、本宮も華やかな雰囲気。
たくさんの人がお参りに来ていた。
kompira2010-7.jpg本宮を斜めから見たところ。
本宮の御祭神は、大物主神と崇徳天皇。農業・殖産・医薬・海上守護の神様とのこと。
kompira2010-8.jpg本宮の脇からの景色。
海抜251メートル、頑張って階段上ったわりには、高さを感じられず残念な気もしたけれど、緑が深くて気持ちがいい!

讃岐富士もきれいに見えた、本家の富士山と比べるとずいぶんかわいらしい。

本宮のお参りにたくさん人が並んでいたので、本宮に参らず奥社を目指すことに。
kompira2010-9.jpg本宮までとは違い、人がずいぶん少なくなった静かな道の階段を上っていくと、923段のところに、朱色に塗られた白峰神社(しろみねじんじゃ)に到着。
こちらの御祭神は崇徳天皇。
崇徳天皇は、院政期に、祖父である白河上皇の子であると言われ、父・鳥羽上皇から疎まれ、実権を持つことのできなかった幼帝であり上皇。保元の乱で敗れて流罪になり、ここ讃岐で軟禁生活を強いられ天皇家に恨みを持ったまま非業の死を遂げたので、崇徳天皇を祭ったのは、崇徳天皇の祟りを恐れたためなのだろう
kompira2010-10.jpgさらに進んで(上って)、ようやく奥社=厳魂神社(いづたまじんじゃ)に到着!
上った階段は、1,368段。よくがんばった!!!

ここでおみくじ(100円)を引くと、甥は生まれて初めて「大吉」を引いたと大喜び
おみくじには、小指の爪の半分くらいの大きさの、金色のこんぴら狗がついていて、100円にしてはお得(?)感あり。ワタクシは小吉だったので、こんぴら狗をお財布にいれ、おみくじは結んで帰った。
kompira2010-11.jpg奥社からの景色。
海抜は421メートルほど。
本宮からの景色と比べると、少し高く、遠くに来たと感じられた。

ここからは、ただただひたすら階段を下りる。
上りはあんなに息があがるのに、下りは楽ちん、楽ちん♪
でも膝に来るのでそーっと下りないと。


あっという間に本宮まで戻り、その奥にある絵馬殿をのぞいてみる。
ここには堀江謙一さんが太平洋を渡ったアルミ缶をリサイクルした船、“サントリー・マーメード号”が納められていた。
kompira2010-12.jpg kompira2010-13.jpg

kompira2010-14.jpgさらに下って、桜馬城の近くに、キュートなこんぴら狗を発見。

こんぴら狗は、人の代わりにこんぴら参りをした犬のこと。
江戸時代、庶民は旅行を禁じられていたけれど、神社仏閣へのお参りは例外。そのため「お伊勢参り」は非常に人気があり、ここ讃岐の金毘羅大権現、京都の東西本願寺へのお参りも、お伊勢参り同様、人気があったのだけれど、東日本の人たちにとっては伊勢、讃岐や京都へのお参りは大変なことだったので、当人に代わって旅慣れた人が代わりにお参りをする「代参」がおこなわれており、人でなく犬が代参するケースも少なからずあったとか。

この銅像も、首に「こんぴら参り」と書いた袋をぶら下げている(袋の中には初穂料や旅費が入っていたはず)。

帰りは、参道脇のみやげもの屋を冷やかしながら、のんびり下りてきた(こちょこちょしたものが大好きな姪は夢中になり、途中ではぐれてもケロッとしていた)。


こんぴら参りの最後は、お約束(?)のソフトクリーム
こんぴらさんの表参道には、はちみつ入りソフトクリームやら、和三盆糖を使ったソフトクリームやら、それぞれの店が特長のあるソフトクリームを売っている。
ワタクシは、和三盆糖ソフトと鳴門金時ソフトのミックスソフト(300円)に、もち米を使った香川県の和菓子、“おいり”をトッピング(+50円)。おいりは、結婚式の引き出物に使われるとのこと、これを食べれば嫁入りできる!?

階段エクササイズの後のソフトクリームの味は格別!
ミックスソフトとはいえ、かなり鳴門金時の味がした・・・ミックスじゃなければ相当濃かったと思われるので、ミックスでちょうどよかった。
softcream1.jpg softcream2.jpg


ちょいと疲れたけれど、奥社まで行けて満足。
翌日の午後、ようやく筋肉痛がやってきた・・・ぎりぎり24時間以内で、焦ったり、安心したり。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/253-de57d9bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11