Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【2日目: バンダル・スリ・ブガワン】


続いて、ブルネイ川を行き来するボートに乗る。
マングローブ・ジャングルのリバーサファリ(テングザルに会う)と、水上集落(カンポン・アイール)を見るという内容で、所要時間80分で50BND。高いなぁと思ったけれど、市内まで安く来れたこともあり、5BNDだけ値切って45BNDとした。
ボートに乗るときは、一応ちゃちいけどライフジャケットを着なければならない。
ヤマハとかスズキとか、バイクのエンジンを積んだボートは思ったよりもスピードが出て、風をびゅんびゅん切って進んでいくのは気持ちがいい~。

brunei_singapore2-16.jpg brunei_singapore2-17.jpg


20分くらいボートでブルネイ川を南下すると、こんなプチジャングルに到着。
水はそうでもないけど、空気がきれいで美味しい気がした。
brunei_singapore2-18.jpg


brunei_singapore2-19.jpg

brunei_singapore2-20.jpg
よくよく考えたら、朝か夕方かじゃないとテングザルに会える確率は低いんだけど、ボートの運転手のお兄ちゃんがけっこうがんばってマングローブ・ジャングルの中を探検(?)してくれ、遠目にではあるけれど、2頭のテングザルを発見!!!
手前のテングザルはかなり大きい。近くで見たら迫力あっただろうに。。。
もっと近くでじっくり見たかったというのが本音ではあるけれど、まぁ、とりあえずは発見できたのでよかった。

そのほか、小さなリスや、巨大なイモリ(?)のような動物もいた。
やっぱり、朝か夕方に出かけたほうが動物はたくさん見れたんだろうな・・・


Uターンして再び市内のほうへ。
途中、ブルネイ王室の王宮(イスタナ・ヌルル・イマン)の一部が見えた。
この王宮、建設費は推定40億米ドル、バチカン宮殿よりも敷地は広く、部屋数は1,788、ネパールのグルカ兵が守りについているんだとか。
この王宮、普段は一般人は立ち入り禁止だけれど、ラマダン明けのハリ・ラサ・プアサ2~4日目の計3日間は一般公開されるとのこと。
brunei_singapore2-21.jpg

王宮からさらに市内に近づくと、
左手にジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク(通称ニュー・モスク)、右手にオールド・モスクが見える。
brunei_singapore2-22.jpg

ニュー・モスクは、現国王の即位25周年に合わせて1994年に完成したもので、5,000人を収容できる非常に大きなモスク。
こちらもオールド・モスク同様、木曜日と金曜日は、ムスリム以外は入ることができないのだけれど、作りはゴージャスらしい。

しばらく進むと、約3万人もの人々が暮らす水上集落(カンポン・アイール)に到着。
最近水上集落で大規模な火災が発生していて、安全性を考えても政府としては陸上への移住を推進しているらしいのだけれど(バスで市内に来る途中に見た新しい家もその一環か?)、なかなか移住は進まないのだという。

観光客が乗るボートのほか、ここで暮らす人たちのボートも走っているんだけど、そのスピードの速いこと、速いこと。多少は減速してくれてたみたいだけど、何度か跳ねた水がかかった。
危ないけど、信号のない水上から、信号のある陸上に行くのは、意外とストレスが大きいものなのかもしれない。
brunei_singapore2-23.jpg


生活感いっぱいの家々。観光客が来るとはいえ、暮らす人々にとっては日常の場なのだ。
brunei_singapore2-24.jpg

外観は質素だけれど、エアコン完備の快適な住居なんだとか。
brunei_singapore2-25.jpg

水上集落で暮らす人々のためのモスク。モスクのほか、小学校も病院も消防署ある。
brunei_singapore2-26.jpg

近代的な建物が並ぶ対岸。首都とはいえ、かなりこじんまりとした街並み。
brunei_singapore2-27.jpg

以上でボートに乗ってのツアーは終了。
ちゃんとした説明を聞きたいなら、旅行会社を通してツアーに申し込んだほうがよいだろう。


brunei_singapore2-28.jpgボードの旅を終えた後、炎天下の中少し歩いて、オープン・マーケットへ。

マーケットの中で目立っていたのが魚屋さんというか、干物屋さん(↓左)。
小さめのアジみたいな魚の干物や、日本のものと比べると巨大に見えるちりめんじゃこ/しらす干しや。えびせんみたいなものとかが並んでいた。
そのほか、昭和のバナナのたたき売りを彷彿させるバナナのみを売っている店、色とりどりの野菜を売っている店なんかもあった。
マーケット自体、そんなに活気がある感じではなく、みんな普通にスーパーで買い物してるんじゃないかな、と思った。それとも、今の時期がラマダン中で、かつ真昼間という時間帯のせいで賑わってなかっただけなのかしら?


brunei_singapore2-29.jpg brunei_singapore2-30.jpg


まだまだ夕方(市内観光のハイライトであるオールド・モスクのライトアップ)まで時間がある。
さてさて、どう過ごそう?
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/220-88fcc281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブルネイ・シンガポール旅行 ~2日目(その3)~

【2日目: バンダル・スリ・ブガワン】 ショッピングセンター内で涼みながらガイドブックを広げ、ブルネイ博物館に行くことに決定。 ダ...

Small Talk 2 | 2010/09/05 13:15

page top

2017-08