Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

タイタンの戦い 

2010/08/25
Wed. 14:19

飛行機の中で、『タイタンの戦い』(2009年/米国 原題:Clash of the Titans)を見た。

clashofthetitans.jpg

=ストーリー=

神々と人間が共存していた時代。傲慢になった人間たちは神殿を破壊する。冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)は、神を敬わない人間たちを懲らしめようと提案し、ゼウス(リーアム・ニーソン)もこれを容認する。そこでハデスは、王女を怪物クラーケンの生贄にすることを要求する。
王女を救うため、ゼウスの息子ながら人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)は、クラーケンを倒すため旅に出るが・・・
=感想(箇条書き)=

・レイフ・ファインズのハデス、リーアム・ニーソンのゼウス、どちらもはまっていた。対するペルセウス役のサム・ワーシントンは『アバター』も『ターミネーター4』もこれも、あまり個性がないというか、印象が薄いというか。まったく違うジャンルで違う役柄をやってみてもいいんじゃないかな~?

・飛行機の小さな画面で見たせいもあるけれど、戦いのシーンがあっけなかった。本作の見どころってアクションじゃなかったっけ?!クラーケン、ほとんど暴れずに倒されちゃったし、全体的に物足りなかった。

ペルセウスの乗るペガサスの飛んでる姿が不恰好で気になった。脚を伸ばしたまま飛んでるから?翼の大きさが体の大きさに合っていないから?どーでもいいんだけど、一度気になったらついつい目がいってしまった。


=評価=
★★☆(2.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/213-da66cf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10