Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

風が強く吹いている 

2010/07/13
Tue. 07:35

『風が強く吹いている』(2009年/日本)を見た。

kazegatsuyokufuiteiru.jpg

=ストーリー=

高校時代は将来有望なランナーだったが、不祥事を起こしたカケル(林遣都)は、名門校でない寛政大学に進学した。アパートを探していたところ、ハイジ(小出恵介)という4年生に誘われ古いアパートに連れて行かれる。そこには、ハイジのほか、クイズ好きのキング(内野謙太)、理工学部で留年を重ねているニコチャン(川村陽介)、司法試験に合格しているユキ(森廉)、山奥の田舎の村の出身の神童(橋本淳)、双子のジョージ(斉藤祥太)とジョータ(斉藤慶太)、留学生のムサ(ダンテ・カーヴァー)、漫画好きで引きこもり気味の王子(中村優一)という個性的な面々が住んでいた。
ハイジはこれで10人揃ったので、みんなで箱根駅伝に出ようと言い出し・・・
=感想(箇条書き)=

本を読んだ時にいいと思った、箱根で走っているときのそれぞれのランナーの気持ちというのが、やはり映像では表せていなかった(予想はしてたけど)。映像化には不向きな作品じゃなかったのかなぁ?

・林遣都の肌が白くて美しい!そのせいか、彼にはカケルのような、一見するとクールな役がよく似合う。

ハイジを演じた小出恵介が大学生には見えないところが悲しい(ついこの前まで高校生やってたけどさ)・・・青春スポーツものをやれるさわやか系の、もうちょっと若い俳優っていないのかなぁ?


=評価=
★★☆(2.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/186-3b4a694e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06