Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年/米国 原題:The Hangover)を観た。

thehangover.jpg

=ストーリー=

2日後に結婚式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、、悪友で学校教師のフィル(ブラッドリー・クーパー)、歯科医のステュ(エド・ヘルムズ)と婚約者の弟アラン(ザック・ガリフィナーキス)の4人で、バチェラーパーティーをすべくラスべガスへ向かう。飲み明かした翌日、酷い二日酔いで目を覚ますと、ホテルのクローゼットで赤ん坊が泣き、トイレから虎が現れ、ステュの歯は欠けていた。しかも、花婿になるはずのダグの姿がどこにも見当たらず・・・
=感想(箇条書き)=

・アメリカのお馬鹿コメディらしい作品。下品なとこも多分にあるけど、記憶をなくした一晩に何があったのか?を調べていく謎解きっぽい部分と、根底に流れる(?)男同士の友情の部分が、いい味付けになっていたと思う。

・冒頭のラスベガスの映像の撮り方が、“二日酔い”のけだるい朝の雰囲気が出ていてよかった。ベラッジオの噴水でさえ、朝日をまぶしく感じてだるそう見えたもの。ラスベガスの映像って普通、シーザーズパレスの屋上から彼らが見た夜景みたいに煌びやかなものが多いから、これはとても新鮮だった。

・“バチェラーパーティー”と言っても、結婚の予定もない正真正銘の(?)独身はアランだけ。男性は、“独身”最後じゃなくても、たまには羽目を外したいものなんだろうなぁ!!!女性にもそういうところがあるかもしれないけれど、相手の同性の親にそれを大目に見てもらえるかって言うと、絶対そんなことないはず。

ダグ(ネタバレ反転)ホテルの屋上(ここまで)にいたとは!灯台下暗しとはまさにこのこと。しかし、ほんとに無事結婚式が挙げられてよかった。しかも“御祝儀”のおまけ付き。8万ドルもあれば、花嫁の父の愛車も完全に修理できるだろうし、ホテルの部屋も弁償できたでしょ。

・ラストの写真には爆笑・・・いや、絶句?!“御祝儀”を取りにまたラスベガスに行くと思うけど、今度は同じようなことやらないようにねー


=評価=
★★★☆(3.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/172-d437dac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10