Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

告白 

2010/06/21
Mon. 22:51

劇場で観るつもりはなかったのだけれど、あまりに評判が良いので『告白』(2010年/日本)を観た。

kokuhaku.jpg

=ストーリー=

終業式の日。中学1年生の担任教師森口(松たか子)は、教え子たちに「私の娘は死にました。このクラスの生徒に殺されたのです」と告げる。
=感想(箇条書き)=

・これが映画化されると聞いたときは、かなり難しくてうまくいかないんじゃないかと思ったけれど、評判に違わずよくできていた。主演の松たか子もイメージ違うと思ってたけど、けっこうはまっていて良かった。

・熱血教師のウェルテル(岡田将生)がうざかった・・・この前まで高校生役をしていた岡田将生が先生役って、なんかちょっとピンと来なかったな。

・ラストは、(ネタばれ反転)Aの妄想なのか、それとも本当に爆発したのか(ここまで)、議論がわかれるところだろう。ワタクシは、原作を読んだときは後者としか思えなかったのだけれど、映画だと前者の解釈もアリ、な気がする。(ネタばれ反転)Aの母親の勤務先の大学って、Aの中学校からそんなに近いのか?それほど近くであれば、Aと母親が町ですれ違うとかってこともあったのでは?(ここまで)という疑問が生じてしまったのだ。解釈は観る者にゆだねられているのだろう。

・見に来ている人の年齢層が広く、中学生らしき子どももたくさんいた。同世代の彼らがこの作品を見てどう感じたのか、興味があるわー。でも彼らが原作を読んでいるとは思えないんだよな・・・なんでだろ?


=評価=
★★★☆(3.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/167-74603411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08